ごきずり(飯田弁)

 

「口角炎」のこと

 

口角炎とはまさしく唇の両端、口角が炎症を起こし亀裂や腫れ、出血などが生じる皮膚の病気です。

口角炎を発症すると、口を開くだけでも亀裂が生じ強い痛みを感じます。そのため口を開くことが難しくなり、食事もままならなくなります。裂けた患部から出血することが多く、その後かさぶたになり、白い粒の点状が現れることもあります。

発症してからすぐの患部はかさぶたに覆われていますが、かさぶたはとても薄いのでちょっとしたことですぐに剥がれてしまいます。しかし出来るだけ早く回復させるためには、かさぶたははがさないようにしましょう。

患部が炎症している時にはかさぶたを剥がしても何度も炎症を繰り返すので注意が必要です。ほとんどの場合、数日程度で症状は回復しますが一度発症すると幾度も再発するケースが多いのも口角炎の特徴です。

口角炎は口の周りに炎症を起こし強い痛みを感じることからヘルペスによる口唇炎と間違われることが多いですが、口角炎はカンジダという真菌(カビ)による感染症であるため原因が異なります。この事から口角炎はカンジダ性口唇炎と呼ばれることもあります。

「ヘルスケア大学」から転載


祭りの伝統って何?  永年スッキリしなかった疑問が解けた。


5月4日付信濃毎日新聞に「行き続ける御柱祭」の記事

-------------------------------------------------------------------------

人間は歴史であれ物語であれ「終始一貫した継続性」に強く惹かれる生き物だ。

諏訪信仰も御柱祭も、

実態としては時代ごとに現れる新しい要素が接ぎ木されたパッチワーク、

あるいはキメラのような存在になることで力を得て、生き延びてきたものらしい。

現代の祭りを構成するピースから芋づる式にその始原は遡ろうとするのは、

実は難しいことなのだ。


だからこそ、諏訪の内でも外でも、祭りに参加する者も見る者も、

祭りの正当性を証し、また求心力となる「終始一貫した継続性」を無意識に探そうとする。


表層の変化はあっても、「天下の奇祭」の本質としての非日常性、特異性は、

現在に至るまで「終始一貫」保たれていると確認し合う、見る者見られる者の

したたかな共犯関係によって、御柱祭は成立してきた。

-------------------------------------------------------------------------------


「伝統って?」云う疑問がスッキリ腑に落ち

内山章子(あやこ)さん(80)が、看(み)取りの記録『鶴見和子病床日誌』を三回忌に寄せて自費出版した。

『鶴見和子病床日誌』の詳細はこちらを 

野本寛一先生「文化功労者」に

JUGEMテーマ:地域/ローカル

黒柳徹子氏、川淵三郎氏、橋田寿賀子氏と並んで選ばれた。


氏は故後藤総一郎明治大学教授の後を継いで

飯田市の柳田國男記念伊那民俗学研究所長をされ2004年から12年まで務められた。

信濃毎日新聞11月1日付


 

新野の雪まつり

JUGEMテーマ:地域/ローカル

昨日のBSで新野の雪まつりをやっていた。

IMG_20151031_183056.jpg

平地人を震撼せしめよ

産経新聞10・28に新保祐司氏の「日本人の基層に触れ「戦慄」せよ」が

育良神社の子供神輿

JUGEMテーマ:地域/ローカル


今年、神輿を新調したのだそうだ。


 

「柳田國男展」神奈川近代文学館で


11月7日に京極夏彦氏の「柳田國男のシテン」の講演が。

いきたいーーー!



柳田國男への安藤菊子の婚活と「柳田國男伝」

JUGEMテーマ:地域/ローカル

國男を気に入った安東菊子が柳田家に婿養子として働きかける話が

今日付、南信州新聞の「日言」に。

このエピソードの出典が「柳田國男伝」とある。
 


先月だったか、 BSで柳田國男の番組があり

赤坂憲雄先生が先生の書斎らしき場所でインタビューに答えていた。

その書棚に「柳田國男伝」が並んでいたのを

私は見逃さなかった。

 

信濃毎日新聞に「飯田の元結「土俵際」」の記事が

JUGEMテーマ:地域/ローカル

「後継者育成待ったなし」のサブタイトル。

現役の元結職人はたったの二人その一人は84歳と。

力士、芸子の髷を結う手作業で作る元結は風前の灯。




「文七元結」の地、飯田の伝統の危機。


サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode