左股関節痛の方のパンツのしわ

JUGEMテーマ:健康

 

右股関節の歩行痛を訴えられている方。

右もものパンツはパンパンで、左右のパンツのしわの差異が判る。

 

右股関節の痛みが軽減するにつれて、右ももの筋緊張がゆるみ、

左右のしわが同じになっていった。

 

 

 

 

飯田市のいいだ整骨院・鍼灸院/いいだカイロプラクテイックの

第1ホームページはこちら
  ☎0265−15−1008 

 

 


台湾で『正しい整体治療』が出版されます。



『図解 正しい整体治療 』日東書院刊の繁体字本です。

私の4冊目の台湾本になります。





JUGEMテーマ:健康


 

県接骨医学会で                          コンプレッションストレッチングを発表




3月7日(日)佐久勤労者福祉センター、メインホールで開催された

長野県接骨医学会で

「膝関節痛に対するコンプレッションストレッチングの直後効果」と

題して、


共同研究者の原友仁が発表しました。







膝関節痛に対するコンプレッションストレッチングの直後効果
                
                 いいだ整骨院   原友仁 原幸夫

はじめに

ストレッチングの筋緊張軽減の効果をより上げる方法として、トレーニングバンドを巻いて圧迫を加えて行うストレッチを考案しコンプレッションストレッチングと名づけた。
膝関節痛を訴える患者にコンプレッションストレッチングを行った直後効果について報告する。

方法

膝関節の痛みを主訴とした患者10名に、セラバンド(緑)を足の甲から、大腿部中央部まで巻き上げておき、下腿三頭筋のストレッチを2〜3分間と椅子座位で膝の無負荷の屈伸運動を20回行って術前、術後をVASで比較した。

症例提示

症例1
O・M(女性/84歳)
主訴 左膝関節痛及び腫脹
 症状 下肢はO脚を呈し、伸展制限165度、膝蓋上包に腫脹を認める(膝蓋跳動−)運動開始時痛が強く、起床時トイレの往復にハイハイで移動する。午前中は足を引きずるように歩く。
 術後の歩行時痛が10→7に軽減した。歩容が少し改善した。

症例2
M・T(女性/76歳)
 主訴 左膝関節痛
症状 伸展制限175度、腫脹軽度、屈伸時痛がある。
 術後に屈伸時痛が10→5に軽減した。

症例3
T・H(男性/75歳)
 主訴 右膝関節歩行時痛。正座が出来ない。
 症状 痛みがあるのに正座の練習と歩行練習して疼痛増悪。伸展制限180度(健側は180度を超えて過伸展が可能)、腫脹軽度、伸展を強制すると疼痛が出現する。
 術後に歩行痛が10→4に軽減した。

症例4
M・M(女性/35歳)
 十字靭帯損傷の再建手術後6カ月。歩行時痛があり、時に自発痛がある。腫脹があり。膝蓋跳動+。引き出し徴候+。伸展制限170度。
 術後に歩行時痛が10→5に軽減した。

症例5
I・I(男性/12歳)
主訴 左膝関節のランニング時の痛み
 症状 サッカーの練習中に痛みを訴えるようになった。関節可動域、伸展時180度で軽度の伸展制限が認められる。膝関節を強制的に伸展すると膝窩部に痛みを訴える。
 術後に伸展強制時の痛みが10→5に軽減した。

症例6 
K・I(女性/42歳)
主訴 起床して歩き始める時に左膝が痛い
症状 膝関節伸展を強制すると痛む。軽度伸展制限(180度)。健側は−5度の過伸展が可能。
術後に伸展強制時の痛みが10→1に軽減した。伸展制限が無くなり健側と同様の可動域になる。下肢全体が軽く感じられ、膝の動きが良いと言う。

症例7
H・H(女性/75歳)
主訴 歩行時痛、伸展制限
症状 膝関節伸展制限(170度)。大腿部全体の筋緊張著明。大腿部外側のしびれ感を訴える。下腿部浮腫を認める。屈伸運動で痛みを訴える。
術後に屈伸運動時の痛みが10→4に軽減した。大腿部の筋緊張が低下し、伸展制限が軽度2〜3度改善された。足が軽く感じられ大腿部外側のしびれ感も軽い感じと話す。

症例8
K・H(男性/9歳)
主訴 ランニング時の膝蓋腱部の痛み
症状 膝蓋腱の圧痛、立位での膝屈伸時の膝蓋腱の疼痛を訴える。
術後 立位での膝屈伸時の疼痛が10→3に軽減、圧痛も10→2に軽減した。

症例9
K・S(女性/4歳)
主訴 右膝伸展強制時の疼痛。
症状 2ヶ月前に大腿骨下部の不全骨折。伸展制限170度。他動的伸展180度で痛みを訴える。
 術後 他動的伸展185度での痛み10→2に軽減。
 

症例10
M・T(女性/90歳)
主訴 左膝関節伸展時痛及び歩行時痛
症状 関節の腫脹軽度。歩行開始時痛。
術後 伸展時痛10→3 歩行時痛10→4に軽減した。

結果
すべての症例に術後、疼痛軽減が認められた。患者は施術直後に痛みが軽度になり、足が軽いという。他覚的にも筋緊張が緩むのが判る。
コンプレッションストレッチングは膝関節痛の治療の補助として有効と考える。

まとめ
コンプレッションストレッチングは筋緊張緩解の効果が高い。関節痛の因子として筋緊張が推察されることから筋緊張の緩解が関節痛を軽快すると考えられる。また、筋緊張の緩解は関節可動域の拡大ももたらすと考えられる。


コンプレッションストレッチングの詳細はこちらを



接骨医学会(飯伊支部)に膝痛への                          コンプレッションストレッチングについて発表しました。

ゴムバンド巻き療法として「はつらつ元気」にも取り上げられた

コンプレッションストレッチングの

膝痛に対する効果を

学会発表しました。





下記は発表内容です。



膝関節痛に対するコンプレッションストレッチングの直後効果
                
                 いいだ整骨院   原友仁 原幸夫

はじめに

ストレッチングの筋緊張軽減の効果をより上げる方法として、トレーニングバンドを巻いて圧迫を加えて行うストレッチを考案しコンプレッションストレッチングと名づけた。
膝関節痛を訴える患者にコンプレッションストレッチングを行った直後効果について報告する。

方法

膝関節の痛みを主訴とした患者10名に、セラバンド(緑)を足の甲から、大腿部中央部まで巻き上げておき、下腿三頭筋のストレッチを2〜3分間と椅子座位で膝の無負荷の屈伸運動を20回行って術前、術後をVASで比較した。

症例提示

症例1
O・M(女性/84歳)
主訴 左膝関節痛及び腫脹
 症状 下肢はO脚を呈し、伸展制限165度、膝蓋上包に腫脹を認める(膝蓋跳動−)運動開始時痛が強く、起床時トイレの往復にハイハイで移動する。午前中は足を引きずるように歩く。
 術後の歩行時痛が10→7に軽減した。歩容が少し改善した。

症例2
M・T(女性/76歳)
 主訴 左膝関節痛
症状 伸展制限175度、腫脹軽度、屈伸時痛がある。
 術後に屈伸時痛が10→5に軽減した。

症例3
T・H(男性/75歳)
 主訴 右膝関節歩行時痛。正座が出来ない。
 症状 痛みがあるのに正座の練習と歩行練習して疼痛増悪。伸展制限180度(健側は180度を超えて過伸展が可能)、腫脹軽度、伸展を強制すると疼痛が出現する。
 術後に歩行痛が10→4に軽減した。

症例4
M・M(女性/35歳)
 十字靭帯損傷の再建手術後6カ月。歩行時痛があり、時に自発痛がある。腫脹があり。膝蓋跳動+。引き出し徴候+。伸展制限170度。
 術後に歩行時痛が10→5に軽減した。

症例5
I・I(男性/12歳)
主訴 左膝関節のランニング時の痛み
 症状 サッカーの練習中に痛みを訴えるようになった。関節可動域、伸展時180度で軽度の伸展制限が認められる。膝関節を強制的に伸展すると膝窩部に痛みを訴える。
 術後に伸展強制時の痛みが10→5に軽減した。

症例6 
K・I(女性/42歳)
主訴 起床して歩き始める時に左膝が痛い
症状 膝関節伸展を強制すると痛む。軽度伸展制限(180度)。健側は−5度の過伸展が可能。
術後に伸展強制時の痛みが10→1に軽減した。伸展制限が無くなり健側と同様の可動域になる。下肢全体が軽く感じられ、膝の動きが良いと言う。

症例7
H・H(女性/75歳)
主訴 歩行時痛、伸展制限
症状 膝関節伸展制限(170度)。大腿部全体の筋緊張著明。大腿部外側のしびれ感を訴える。下腿部浮腫を認める。屈伸運動で痛みを訴える。
術後に屈伸運動時の痛みが10→4に軽減した。大腿部の筋緊張が低下し、伸展制限が軽度2〜3度改善された。足が軽く感じられ大腿部外側のしびれ感も軽い感じと話す。

症例8
K・H(男性/9歳)
主訴 ランニング時の膝蓋腱部の痛み
症状 膝蓋腱の圧痛、立位での膝屈伸時の膝蓋腱の疼痛を訴える。
術後 立位での膝屈伸時の疼痛が10→3に軽減、圧痛も10→2に軽減した。

症例9
K・S(女性/4歳)
主訴 右膝伸展強制時の疼痛。
症状 2ヶ月前に大腿骨下部の不全骨折。伸展制限170度。他動的伸展180度で痛みを訴える。
 術後 他動的伸展185度での痛み10→2に軽減。
 

症例10
M・T(女性/90歳)
主訴 左膝関節伸展時痛及び歩行時痛
症状 関節の腫脹軽度。歩行開始時痛。
術後 伸展時痛10→3 歩行時痛10→4に軽減した。

結果
すべての症例に術後、疼痛軽減が認められた。患者は施術直後に痛みが軽度になり、足が軽いという。他覚的にも筋緊張が緩むのが判る。
コンプレッションストレッチングは膝関節痛の治療の補助として有効と考える。

まとめ
コンプレッションストレッチングは筋緊張緩解の効果が高い。関節痛の因子として筋緊張が推察されることから筋緊張の緩解が関節痛を軽快すると考えられる。また、筋緊張の緩解は関節可動域の拡大ももたらすと考えられる





発表風景


コンプレッションストレッチングの詳細はこちらを



足が細くなるコンプレッションストレッチング

2〜3日前のテレビに放映されたそうだが、



トレーニングバンドを足に巻いて動いて

足が細くなる、O脚が治る、


というのをやっていたそうだ。






私の創案したコンプレッションストレッチングは


トレーニングバンドを巻いてストレッチングする方法だ。




06.3.7にブログに

足が細くなると報告をした。



筋肉の緊張が取れ、むくみが改善するので

明らかに足は細くなる。


膝の伸びが悪いためにO脚になっている方も

筋肉の緊張が取れて膝関節の伸びが良くなるので改善する。



コンプレッションストレッチングの詳細はこちらを



この治療法は膝の痛みの治療法として

「はつらつ元気」11月号に取り上げられた。


はつらつ元気 2009年 11月号 [雑誌]
はつらつ元気 2009年 11月号 [雑誌]


「はつらつ元気」11月号に掲載されたことが新聞に




膝の痛みの特集で私が創案した「コンプレッションストレッチング」が

取り上げられたのが


信州日報(10/24)に載りました。



トレーニング用ゴムバンドを巻いてストレッチングすると

筋肉の緊張がすぐに緩みます。


痛みの治療としても有効です。



記者の方に試してもらいました。

ふくらはぎの硬いほうに巻いて

ストレッチングすると

直後に柔らかいほうよりも柔らかくなるのを

実感して頂き

驚いておられました。



コンプレッションストレッチングの詳細はこちらを

手の疲れ、痛み、しびれを治す                         コンプレッションストレッチング


トレーニングバンドを巻いてストレッチングを行う方法です。

即効性があります。


手の疲れ、むくみや、

手根管症候群、肘関節上顆炎(じょうかえん)にも効果があります。


コンプレッションストレッチングの詳細はこちらを





膝の痛みへのコンプレッションストレッチングが

「はつらつ元気」11月号に取り上げられました。

はつらつ元気 2009年 11月号 [雑誌]
はつらつ元気 2009年 11月号 [雑誌]


雑誌「はつらつ元気」11月号に                          院長の創案した治療法が掲載されました

トレーニングバンドを巻いてストレッチングなどを行う方法で

筋肉の緊張感、痛みが軽くなる方法、


コンプレッションテクニックが取り上げられました。


今回は膝の痛みの特集です。

コンプレッションテクニックのうちの

コンプレッションストレッチングの詳細はこちらを


コンプレッションテクニックについてのブログはこちらです。





トレーニングバンドが無ければタイツで代用も可能です。


「はつらつ元気」はこちら

はつらつ元気 2009年 11月号 [雑誌]
はつらつ元気 2009年 11月号 [雑誌]
芸文社

雑誌「はつらつ元気」11月号に                院長考案のストレッチングが

院長の考案したコンプレッションテクニックが


膝の痛みの「ゴムバンド巻き療法」として紹介されました。








紹介されたのは

トレーニングバンドを巻いてストレッチングを行う方法、


コンプレッションテクニックのうちのひとつ

コンプレッション ストレッチングです。


バンドをまいて行うと

簡単に筋肉の緊張が緩みます。


関節の痛みにも即効性があります。


コンプレッションテクニックについてはこちらを


雑誌「はつらつ元気」の詳細はこちらを

はつらつ元気 2009年 11月号 [雑誌]
はつらつ元気 2009年 11月号 [雑誌]
芸文社

膝の痛みを治すコンプレッション・テクニック




膝の痛みは膝が伸びないことで起こりやすい。


膝は正常で3〜5度ほど反る(過伸展)ようになっている。


しかし、

膝の痛みを訴える方の多くは

膝が曲がってる。


自分は膝が曲がっていないと思っておられる方も

以下のテストで確認して欲しい。






硬い床の上に膝を伸ばして座り、

膝の後方と床の間にてのひらが入らないかを確認する。



正常なら

膝の後ろが床に着いたまま

かかとが床から浮くはず。


てのひらが入るようなら

明らかに膝は曲がっている。








その膝の曲がりを改善するには

ふくらはぎの筋肉と腱(下腿三頭筋とアキレス腱)を緩め、

ももの後ろの筋肉(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋=ハムストリング)も

                 緩めなくてはならない。




ストレッチングでもいいが

より効果的に緩める方法がコンプレッション・テクニックだ。




それは、

トレーニングバンド(セラバンドなど)を

下肢全体に巻いてストレッチングや軽い運動を行う方法だ。


痛みの強い時は巻いた上で

軽い膝の屈伸(椅子に腰掛け足をぶらぶらする。)と

膝をぴんと伸ばすことを行う。

(合計で3分ほど)


痛みが軽ければももとふくらはぎのストレッチングを行う。

(20秒ほど、3回)


行うときに痛みが無いことが原則。



直後に痛みは軽減する。





コンプレッション・ストレッチングの詳細はこちらを


ストレッチングについては
「からだの硬い人のためのストレッチング」を


サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode