「不活動」がアキレス腱断裂の早期回復を妨げている。2

JUGEMテーマ:健康
  以下は玉田 篤史先生のフェイスブックからコピーしました。


o     ギブス固定などにより、固有受容器への刺激の低下が痛覚受容器の閾値を下げるというデータもあります。

少ない侵害刺激で脱分極しやすくなります。逆に固有受容器への適切な刺激が痛みを抑制してくれるということですね。




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
私の見解です。

アキレス腱断裂の保存歩行療法の回復が早い理由は「不活動」にしないことだと思う。

アキレス腱断裂の従来の固定は尖足位なので、下肢に荷重をかけられないのが最大の問題なのだ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode