「腰痛は介護職の職業病か」という新聞記事

JUGEMテーマ:健康
産経新聞

この記事の内容は

「「腰痛は介護職の職業病」と言われる。そうだろうか?

職場で人を持ち上げて生じた腰痛は労働災害(労災)ではないないのか」ということだ。


腰痛は介護職の職業病という常識をひっくり返したのだろうが、

じつはこれも実は誤りである。



私が「腰痛は介護職の職業病か」のタイトルを見た時に

おっ、「腰痛のガイドライン」を理解して記事を書いてくれたと期待したのだが、

ぬか喜び。


誤った腰痛に関する常識を広めている。



これは長谷川淳史先生の受け売りだが

世界の腰痛のガイドラインによれば

腰痛は職業病にあらず、ましてや労災でもないのだ。
 (労災というなら、パワハラによる心理的因子で腰痛になったのならそう言えるのかもしれない。)

「重い物を持ち上げる・重い物を運ぶ・身体を捻る・身体を曲げるといった

 従来の危険因子の影響を受けていない」

「腰への負担が大きいほど腰痛発症率が低下していることから、

 腰の健康を保ちたいなら肉体労働を恐れてはならない」などの報告がある。


ではなぜ、介護職に腰痛が多いのか。

それはイエローフラッグ(心理社会的因子)の関与だという。


新聞はもっと腰痛のガイドラインに沿った

エビデンスのある記事を書いてもらいたいものだ。








腰痛の正しい知識を得たいならこちらを 腰痛治療最前線TMSジャパン
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode