カッピング「すいふくべ」の意味

JUGEMテーマ:健康

最近はエステなどでも使われているカッピングは

すいふくべ、吸角(きゅうかく)、吸い玉などと言われている。

物理療法の一種で、WHOでは鍼灸医学の一手法として認定されている。

世界的に古代から行われている治療法で、

吸角は円錐状の底を皮膚に当て、穴をあけた角のてっぺんを吸い陰圧にする方法で治療したらしい。

中国ではガラス、陶器製のカップにマッチを放り込んで、皮膚に押し付け

酸素の減少による陰圧でくっつける方法や

竹製のカップをお湯で温めておいて皮膚に押し付けて

温度が下がり内部の空気の収縮によってくっつけるなどする。


さて、すいふくべのことなのだが

今朝Eテレの「茶の湯のこころ」の炭手前で「ふくべ炭斗(すみとり)」が出てきた。

その炭斗は瓢箪(ひょうたん)でできている炭斗だった。

ふくべが瓢箪ということを知らなかった。


そうだ、瓢箪の2こある球の小さい球を横に切れば、

切った断面を皮膚に当ててへたの部分を吸えば吸角と同様に使える。

それですいふくべなんだ。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode