「地震などの車中泊でのエコノミー症候群の対応も行う」という記事

JUGEMテーマ:スポーツ

 

産経新聞(4月11日付)に

地震などでの緊急時に車中泊するケースに自治体が対応策の整備や見直しに乗り出しているとの記事が

(熊本地震から1年になるので熊本地震関連の記事が増えているらしい)

 

その中で車中泊によるエコノミー症候群の発症リスクについて触れている。

熊本地震では

エコノミークラス症候群を発症し

入院が必要とされた患者の54人中車中泊経験者は43人に上ったという。

 

 

私が「エコノミー症候群」の本を書こうと思ったのも

熊本地震でのエコノミー症候群発症のニュースが発端だった。

 

エコノミー症候群は

ふくらはぎにある静脈でできた血の塊が肺に流れて行って詰まっておこり病気で

足のむくみを予防すれは防げる。

 

デイサービスを運営していてご利用者さんのむくみがつよいので改善に関心もあり

「アキレス腱を手術しないで歩きながら治す治療(アキレス腱断裂保存歩行療法」をして、

一般に行われている足を動かせない、歩けない治療法でのエコノミー症候群の発症のリスクについても考えていて、

そこで「エコノミー症候群」について警鐘をならせればと考えて本を出版した。

 

埼玉県ではエコノミー症候群の予防に弾性ストッキングの備蓄を始めたとこの記事にある。

 

エコノミー症候群の予防は→むくみ予防、

むくみ予防は

 ふくらはぎの筋肉を動かして静脈血をポンプアップする、つまり血流改善が基本だが、

 弾性ストッキングで圧迫すしてむくみを防ぐのも有効だし

 深部の静脈が膨らんでしまって静脈瘤になっていると

 静脈血の逆流を防ぐ弁がしっかり閉まらなくなってますますむくみが強くなるので

 弾性ストッキングで圧迫する必要がある。

 

弾性ストッキングの備蓄はいい考えだと言える。

 

弾力ストッキングを使う時には注意が必要です。

ゆるめのストッキングが良いです。

 ご高齢の方やむくみの強い方は

  きついストッキングではむくみを強くしてしまく危険があるからです。

 ストッキングを外した時に横じわが着くようだったらきつい証拠です。

 

とにかくむくみに注意してください。

若い方でも、立ちっぱなし、座りの仕事の方はむくみが強いので。

 

 

 

 

新刊『エコノミークラス症候群の原因と予防ストレッチ』が出ました。

 

JUGEMテーマ:健康

 

17冊目(中国・台湾出版6冊含む)の本が出ました。

 

むくみが主因で命を失うこともあるエコノミークラス症候群がテーマの本です。

 

デイサービスでご利用者さんでむくみが強い方や

アキレス腱断裂の治療でむくみの強い方などを

診ていて

エコノミークラス症候群のリスクを感じていました。

 

熊本地震の際に避難所でエコノミークラス症候群が多発したり、

ゲームを長時間して発症したりします。

 

若い方、運転手・事務職でもこのリスクがあるのに

世間に知られていません。

 

その警鐘を鳴らすためにも

この本が少しでも力になれたら幸いです。

 

むくみの改善法を沢山載せてあります。

むくみでお悩みの方にもおすすめです。

 

 

本のご注文はアマゾンへ

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode