Where there is no doctor and Where there is a doctor, too.(医者のいるところでも)

JUGEMテーマ:健康

 

今の日本では医療施設は充実しているが、

基本的な体の扱いを、基本的な病への対処法を学ぶ方法は少ない。

 

例えば

所謂五十肩で、肩関節の痛みを訴えてくる患者さんの多くが

痛いのを無理して腕を回す運動して悪化してくる。

 

関節に炎症があり、痛みがある。

それを動かせば悪化する。

 

そんな単純なことも解っていない。

 

 

 

医療人類学者の波平恵美子氏は

昭和36年国民皆保険になったあたりから

自分の体を医療にゆだねてしまう傾向になったと言われている。

 

難しい医学知識が必要ではなく

体の訴えを掬い取る知恵、知識を学ぶ必要がある。

 

 

 

『医者のいないところで(村のヘルスケア手引書)』は

医師の少ない発展途上国に向けたヘルスケアの本。

 

私は、基礎的なヘルスケアの知識を学ぶ目的で購入したが

「医者のいるところでも」このような書籍が必要ではないかと考えた。

 

 

少しずつ私が気づいたことを書いていきたいと思う。

 

 

Where There is No Doctor: Village Health Care Handbook』


関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    サイト内検索

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    リンク

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 前沢奈緒子さんの葬儀
      原幸夫
    • 前沢奈緒子さんの葬儀
      Junko Lee
    • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
      太田浩之
    • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
      原幸夫
    • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
      初めまして、Kと申します
    • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
      細い脚の患者
    • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    • 本日2例目の左アキレス腱断裂
      くら
    • 本日2例目の左アキレス腱断裂
      くら
    • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

    recent trackback

    profile

    others

    mobile

    qrcode