応急処置の原則は「PRICE」値段から「POLICE」警官に

 

JUGEMテーマ:スポーツ

Rest」(安静)から「Optimal Loading」(適切な負荷)に

応急処置の原則は、Protection:保護、Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上の頭文字をとりPRICEとして治療の値段が安くなると覚えると言われていた。しかし最近「R」がOptimal Loadingの「OL」に代わりPOLICE警官と覚えるということになった。

 

スポーツ外傷の応急処置「POLICE

PRICE」値段から「POLICE」警官に

Rest」(安静)から「Optimal Loading」(適切な負荷)に

応急処置の原則は、Protection:保護、Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上の頭文字をとりPRICEとして治療の値段が安くなると覚えると言われていた。しかし最近「R」がOptimal Loadingの「OL」に代わりPOLICE警官と覚えるということになった。

 

捻挫や肉離れなどのスポーツ外傷を起こした際には、初期治療として応急処置を行うことが重要です。これまで応急処置の方法としてはRICE(ライス)が基本であるといわれてきました。RICERest(安静)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)の略です。

しかし、近年「Rest」つまり患部を必要以上に安静に保つのではなく、患部を保護したうえで復帰に向けてきちんと使った方がよいのではないかといわれています。

そのため、従来のRICEから「POLICE(ポリス)」という応急処置を行うべきではないかという意見がでています。

新しい応急処置「POLICE」とは?

POLICE(ポリス)はProtection(保護)Optimal Loading(適切な負荷)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)を応急処置として行うことです。

RICERRest:安静)が、PProtection:保護)OLOptimal Loading:適切な負荷)に置き換わっています。

負傷した部分をまったく使わない状態が続くと、怪我からの回復が遅くなってしまうことがあります。たとえば、足首の捻挫の場合、足首の安静を保ちすぎると患部のむくみが進行していき完治に時間を要することがあります。そのため、患部を保護しながら少しずつ負荷をかけることで、怪我からの早期回復が期待できます。

POLICEの方法>

Protection(保護)

添え木や装具などを使用して患部を保護します。このとき、患部を固定できるものであればダンボールなど身近にあるもので代用できます。

Optimal Loading(適切な負荷)

組織の修復を促し怪我からの回復を早めるために患部に適切な負荷をかけます。スポーツドクターやトレーナーなど専門家の判断のもとで行うようにしましょう。

Ice(冷却)

アイスバッグやビニール袋などにいれた氷で患部を冷やします。このとき必要以上の冷却は避け、1520分間冷やしたらいったん冷却を中断し、痛みがでてきたら再度冷却を行うようにしましょう。

Compression(圧迫)

内出血や腫れを防ぐために、患部を弾性包帯などで圧迫します。

Elevation(挙上)

患部を心臓より上に挙げるようにします。患部の腫れやむくみを抑えることが目的です

https://medicalnote.jp/contents/180305-002-OYより転載

 

PRICE」値段から「POLICE」警官に

Rest」(安静)から「Optimal Loading」(適切な負荷)に

応急処置の原則は、Protection:保護、Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上の頭文字をとりPRICEとして治療の値段が安くなると覚えると言われていた。しかし最近「R」がOptimal Loadingの「OL」に代わりPOLICE警官と覚えるということになった。

 

スポーツ外傷の応急処置「POLICE

PRICE」値段から「POLICE」警官に

Rest」(安静)から「Optimal Loading」(適切な負荷)に

応急処置の原則は、Protection:保護、Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上の頭文字をとりPRICEとして治療の値段が安くなると覚えると言われていた。しかし最近「R」がOptimal Loadingの「OL」に代わりPOLICE警官と覚えるということになった。

 

捻挫や肉離れなどのスポーツ外傷を起こした際には、初期治療として応急処置を行うことが重要です。これまで応急処置の方法としてはRICE(ライス)が基本であるといわれてきました。RICERest(安静)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)の略です。

しかし、近年「Rest」つまり患部を必要以上に安静に保つのではなく、患部を保護したうえで復帰に向けてきちんと使った方がよいのではないかといわれています。

そのため、従来のRICEから「POLICE(ポリス)」という応急処置を行うべきではないかという意見がでています。

新しい応急処置「POLICE」とは?

POLICE(ポリス)はProtection(保護)Optimal Loading(適切な負荷)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)を応急処置として行うことです。

RICERRest:安静)が、PProtection:保護)OLOptimal Loading:適切な負荷)に置き換わっています。

負傷した部分をまったく使わない状態が続くと、怪我からの回復が遅くなってしまうことがあります。たとえば、足首の捻挫の場合、足首の安静を保ちすぎると患部のむくみが進行していき完治に時間を要することがあります。そのため、患部を保護しながら少しずつ負荷をかけることで、怪我からの早期回復が期待できます。

POLICEの方法>

Protection(保護)

添え木や装具などを使用して患部を保護します。このとき、患部を固定できるものであればダンボールなど身近にあるもので代用できます。

Optimal Loading(適切な負荷)

組織の修復を促し怪我からの回復を早めるために患部に適切な負荷をかけます。スポーツドクターやトレーナーなど専門家の判断のもとで行うようにしましょう。

Ice(冷却)

アイスバッグやビニール袋などにいれた氷で患部を冷やします。このとき必要以上の冷却は避け、1520分間冷やしたらいったん冷却を中断し、痛みがでてきたら再度冷却を行うようにしましょう。

Compression(圧迫)

内出血や腫れを防ぐために、患部を弾性包帯などで圧迫します。

Elevation(挙上)

患部を心臓より上に挙げるようにします。患部の腫れやむくみを抑えることが目的です

https://medicalnote.jp/contents/180305-002-OYより転載

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode