椎間板ヘルニアと言われても心配しないで  「無症候性ヘルニア」「ヘルニアの自然退縮」

JUGEMテーマ:健康

 

 

背骨は椎骨とよばれる24個の骨が、椎間板という伸縮可能な組織でつなぎ合わされています。椎間板は2重構造になっていて、線維が樹木の年輪のような形にぎっしり詰まった組織(線維輪)がゼラチン状の組織(髄核)を包み込んでいます。

 ヘルニアという医学用語は、一般に、体内の臓器や組織が、本来あるべき部位からはみ出してくる状態をいいます。「腰椎椎間板ヘルニア」は、重量物を不用意に持ちあげた時などに、腰椎(背骨の腰の部分)の椎間板内圧が高まり、線維輪に亀裂が生じて中の髄核が脱出した状態です。脱出した髄核それ自体も「ヘルニア」と呼びます。

 ヘルニアは、しばしば腰椎の中にある腰やお尻や足へ行く神経を圧迫するので腰痛やお尻や太もも、足などに痛みやしびれを来します。多くは片方ですが、髄核の脱出量が多いと両側の足の症状や膀胱へ行く神経も圧迫して排尿障害(尿がスムースに出ないとか尿漏れ)をきたします。

 ヘルニアの位置や大きさを診断するためにMRI検査を行いますが、

このとき注意が必要なのは、治療する必要のない無症候性のヘルニア

(症状と関係のない椎間板の膨隆や小さなヘルニア)が偶然見つかることが少なくないことです。

従って、診断をMRI検査だけに頼るべきではありません。

専門医のアドバイスを受けて下さい。

 治療法として、痛みは強いが麻痺が強くない症例では、まず、鎮痛剤や注射によるブロック療法が選択されます。脱出した髄核は自然に縮小する(退縮)可能性があるからです。大きなヘルニアほど退縮しやすいこと、その半数は3ヶ月以内に退縮が起こると推定されています

https://www.kochi-ms.ac.jp/~hsptl/kouhousi/column/youtsuitsuikanbanherunia.html

                                         より転載

 

 

 椎間板ヘルニアを放っておいたらどうなるのですか?

基本的に椎間板ヘルニアは自然に治癒する可能性がある疾患です。

この場合の治癒とは症状が消失するという意味です。

根本的には一度椎間板ヘルニアを起こした椎間板が元通りに修復・再生することはありません。

しかし脱出した椎間板ヘルニアが縮小もしくは消失することはあります。

この現象は近年、MRIという検査を経時的に繰り返し行うことで明らかとなってきました。

つまり椎間板ヘルニアと診断された場合でも、

人の体が本来持っている治癒能力により椎間板ヘルニアが吸収され縮小し、

症状が和らぎ、自然に治癒する可能性があるのですから、

決して悲観的になる必要はありません

したがって椎間板ヘルニアと診断がつけば、痛みや麻痺症状が重症でなければ、第2回目に述べる保存的治療を行い、一定の期間(数週間から1ヵ月間程度)は症状の変化をみるべきです。誰もが避けたい手術的治療を急ぐ必要はないのです。

https://www.bbraun.jp/ja/patient/lumbar-disc-herniation/treatment-part-one.html

                                        より転載


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode