変形性股関節の保存療法 手術しないで症状の軽減を図る

テーマ:健康

 

70歳代の女性のX-P

右股関節の変形が進んでいる。

手術をすすめられている。

 

当院ではアクチベータメソッドで治療を行っている。

歩行痛が時に軽度あり、股関節屈曲制限が強いが、

治療後は痛みも消え、屈曲制限も少なくなり

歩行も軽やかになる。

 

変形が進んでいても日常生活にはほぼ制限がない。

 

画像で変形が認められても

必ずしもすぐに手術を行わなくてもいいと考えている。

 

 

 

 

 

http://www.activator.gr.jp/14343519409282

アクティベータ治療については上記を。

 

アクティベータ治療の検査法


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode