風邪をひいた

昨年末誕生した初孫が風邪をひいてしまいました。

幼子の風邪は本当に心配で、孫の風邪を私にうつして早く治してくださいと神に祈りました。願いはかない、孫は軽快、私は喉が痛くなり始めました。神様にお願いしなければ良かったと少し思いました。

野口晴哉氏は「風邪を経過する」と書いています。風邪を経過することで大きな病いの予防になっているのだと。軽い病気に罹り免疫を獲得し重大な病いが予防できるということもあります。

抵抗力の落ちたときに風邪をひきます。抵抗力を落とす原因が何であったかを「からだと対話」しなければならないでしょう。

昔の人は「風の邪(じゃ)」を呼び込むと考えていたので「風邪に罹る」と言わず、今でも「風邪を引く」と言います。こちら側に引き込む要素が無ければ風邪は入ってこないわけです。

風邪(ふうじゃ)は、背中にある風門というつぼから入ってきます。風邪を引くと背中がぞくぞくするのはその為だと考えられていたのです。


サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode