「知る」とは自分が変わること

産経新聞11/21

「脳ある人・心ある人」で養老孟司先生のことば。

「知る」とは自分が変わること。

世界を見ている自分が変われば、世界は変わる。

自分を変えない知識は、あまり意味が無い。

学ぶなら自分が変わるまで学べ。


そうなんだ批評家になっては駄目だ。

自分が変わらなければ。


故後藤総一郎明治大学教授は全国に10の常民大学を設け

柳田民俗学を説いていた。

「柳田國男の民俗学を学べ、それは自己認識の学だからだ」と。

柳田國男は好事家を嫌った。

自分が変わらない学問を嫌ったのだ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode