甲野善紀氏の身体動作のパラダイム変換

朝日新聞(今日付け)

オーサー・ビジット2006

武術で「発見」人体の不思議


古武術研究から

高校生のバスケットボール部の指導に始まり

桑田選手、アスリート、バレリーナ

最近では介護の技術の指導にまで及ぶ。


競技力を上げるためには

筋力強化、フォームの改造などが考えられるが


甲野氏は全く別の考え方を提示した。

古武術から発想した

新たな(発掘したといった方が良いか)からだの「さばきかた」の

提案である。



この提案は身体動作を考える上で

本質的な考え方の変換だろう。


この提案は

運動器疾患の予防、治療に及ぶように思う。

そして疾病予防にも応用が可能であろうと考える。


甲野氏から目が離せない。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode