頚部の手術を勧められたが                  手根管症候群だった

手のしびれで来院。


MRIで頚部の狭窄を指摘され

投薬で取れなければ手術と言われたとのこと。




前腕、肩にもしびれ感を訴える。


頚部の動きに問題はなく、痛みもない。

特別な所見はない。


手首の動き(曲げる動作)が悪い。


30秒ほど手首を曲げたままにすると

しびれが強くなった。




手首のところで神経が圧迫されている

手根管症候群だ。





腕、肩のしびれ感は

どうも筋肉の緊張感らしい。




治療後には


手のしびれが軽くなり

手首の動きも改善した。


腕、肩も軽くなった。






病態を説明したところ


手術のことが気になり落込んでいたとのこと




まだしびれの程度も軽いから

速やかに良くなると考えている。




MRIの画像で狭窄があっても

必ずしもしびれの原因でない。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode