膝の痛みの予防およびリハビリ運動

ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)の筋力強化が

痛みの予防や痛みの回復に効果がある。


膝の痛みのある場合や膝が腫れている時は

膝の屈伸運動をしてはいけないので

一般的には下記のやり方が勧められているが









私は下記のやり方を指導している。


ももの下に小さな枕をかって行う方法である。

膝下に枕をかって行う方法を指導されている場合もあるが、

このほうがももに筋肉に力が入りやすく、

膝の伸びも良く効果も上がる。




枕をももの下に入れない場合は

腸腰筋(お腹奥の筋肉)にも負荷がかかってしまう。

ももの下に枕を入れると大腿四頭筋のみの負荷になる。

コメント
中学一年 13才 男。スポーツはバスケットをしています。体がとても硬い方で 幼児期から内股です。特に何をしたとかではなく、急に膝が痛くなり、整形外科に通うを繰り返ています。体が硬いのと内股が膝を痛め要因でしょうか?
  • 三沢
  • 2008/06/30 3:59 PM
膝の伸びが悪いと思われます。

膝はまっすぐな状態よりも少し反るようになっています。

反りが無いのではと思います。


アキレス腱伸ばし、

ももの裏のストレッチングなどを

丁寧にして

膝が反るようになると良くなると思います。


ストレッチングについては

ホームページを見てください。http://panda.sunnyday.jp/
  • panda
  • 2008/07/04 11:29 AM
はじめまして。
膝の痛みとO脚は関係ありそうですね。
勉強になりました。
また訪問させてもらいますね。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode