顎関節症の治療

30歳代男性

3年前より額関節のクリックが続いている。

口の開閉でグルグリと音がする。

右の方がクリック、雑音が強い

痛みはない。

開口時に口が横にずれる。


このようなときには

片方の関節だけが調子が悪いわけではない。



関節の動きを診ると

左の動きの方が悪い。

左右のバランスの悪さが問題。



アクティベータ治療で

全身のバランスを整え

患部の調整を行った。


クリックが半分ほどに軽減。



PCRT治療で

心理的ストレス解除の治療を行う。


顎関節の症状が出始めた頃に自動車を代えたが

シートがしっくりしないのがストレスになっているという。

筋力反射テストをすると異常反応がでる。


その状況をリラックスパターンに代える様なイメージを作ってもらい

筋力反射テストをすると正常に。



治療後に

クリックが2/10ほどになった。


アクティベータ治療についてはこちらを

PCRT治療についてはこちらを

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode