「あやや」の顎関節症の治し方

1、まず顎の安静。


ガム、硬いものは禁止。


でも一番顎に負担をかけているのは

心理的緊張。


緊張すると歯をかみ締める。

寝ていてもかみ締める。ひどいのは歯ぎしり。


歯をかみ締めるといっても

強く噛み締めていなくても

下の歯と上の歯がくっついていることが

かみしめていること。


歯と歯の間を開ける。

口はあけなくて良い。



2、リラックスを心がける。


自己暗示をかけてみる。

 ほっぺがゆるむ

 べろがゆるむ

 のどがゆるむ

 肩がゆるむ

 腕がゆるむ


ゆっくり深呼吸しながら、繰り返す

 ほっぺがゆるむ

 べろがゆるむ

 のどがゆるむ

 肩がゆるむ

 腕がゆるむ




仕事はほど良く。

自分をありのままに認める。



3、顎をずらす運動をする。


痛みのない方向にずらす。

横、前後。

痛みがあればやめる。

痛いことはしない。




松浦亜弥 の顎関節症

顎(あご)の関節の痛み、

クリック(口を開けとガクと音がしたり、ひっかかる動きがある)。

痛みがひどいと話すのも痛む。

口を開けられない。
  
   食事の時も痛む。

バナナもスライスしないと口に入れられないことも。



歯科ではテンプレート、マウスピースを処方する。

一部の歯科では肩こり、腰痛の原因との説も。

部分は全体に影響を及ぼすから一理はある。

でも全てがそれで説明できるわけではない。


骨盤や股関節が悪いと全身に影響するという説や、

頚椎が悪いと全身に影響するという説などなどいろいろあるが、

一部は正しいと思えるが全てではない。



私の経験では鍼(はり)が効果がある。通電治療も。

頬の緊張を取る。

 
   肩こりを多くは伴っているので

   頸、肩の緊張を取る治療も良い。  
 

痛みの無い方向に顎を動かしてみるのも効果がある。

例えば横にずらす、受け口にしてみる。



心身のリラックスが大切。

   頑張りやさんは歯を食いしばる。

   上下の歯がくっついていれば歯を食いしばっている状態。

   必ずしも強く食いしばっていなくても、そう。

   
   歯と歯の間を開けて

   ほっぺを緩めるといい。


「自律神経訓練法」も試してみる価値がある。



   歌手の職業病かもしれない。

   昔、森高千里がなったことがあった。


   ほっそりとした顎は構造的に弱いのかもしれない。



   あややの速い回復を切に願う。

顎関節症(顎の関節の痛み)の鍼(はり)治療

2年以上も前から顎の関節の痛みとクリック(ガクッとひかっかる)。

6月頃より痛みが増強、話すことでも痛む。

歯科で治療を続けていた。

9月来院、両側の顎関節症。

右の痛みがひどい。

鍼治療を開始、関節近くと手の合谷に針を刺し、10分間の通電。

10月に入り左の痛みは軽快。口も開くようになる。

11月22日現在、左の痛みもほぼ消失。

本当に患者さんは喜んでいただいている。

食欲も落ちやせていたし、

痛みで話せなかったので、口数の少ない片だと思っていたのだが

お話を良くしてくれる様になった。

リラックスを心がけるようにお願いしている。

がんばらないでと。

「歯をくっつけているのは食いしばっていることだと気がついて」と

お話している。

顎関節症(がくかんせつしょう)2

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎(あご)の関節の痛み、

クリック(口を開けとガクと音がしたり、ひっかかる動きがある)。

痛みがひどいと話すのも痛む。

口を開けられない。

バナナもスライスしないと口に入れられないことも。

歯科ではテンプレート、マウスピースを処方する。

一部の歯科では肩こり、腰痛の原因との説も。

部分は全体に影響を及ぼすから一理はある。

でも全てがそれで説明できるわけではない。

骨盤や股関節が悪いと全身に影響するという説や、

頚椎が悪いと全身に影響するという説などなどいろいろあるが、

一部は正しいと思えるが全てではない。

私の経験では鍼が効果がある。通電治療も。

頬、頸の緊張を取る治療も良い。

痛みの無い方向に顎を動かしてみるのも効果がある。

例えば横にずらす、受け口にしてみる。

心身のリラックスが大切。

「自律神経訓練法」も試してみる価値がある。

顎(あご)の痛み

顎(がく)関節症という。

ガクッとひっかかたり、顎に痛みがある。

硬いものを食べることが原因と言われたが、

今では原因はストレス、がんばりすぎといわれている。

食事での顎の使用量はたかが知れている。

がんばって歯を食いしばっているのが顎に負担となる。

食いしばっていなくても、上下の歯が当たっていれば、

食いしばってることと同じ。

少し歯を開けて(口は開けなくてもいい)いるようにすること。

リラックスすること。

「がんばらなきゃ」って、「あれやらなきゃ、これやらなきゃ」って、

いつもつぶやいているでしょ。

だめだめ。

「まっいいか」って言葉に変えれるといい。

ほっぺや顎の周りをやさしくマッサージ、そして頸のストレッチがいい。

「肩こりのストレッチング」こちらを参考に。


サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode