五十肩の原因は手先への負荷




五十肩の原因の多くは

腕を挙げたりする大きな動作ではなくて



手先の仕事

例えば


細かい内職

包丁を使う動作が原因となる。


だから

デスクワーカーが五十肩になりやすい。


そして

箒を使う動作、

引き戸を開ける動作などに

痛みが出る。




五十肩は突然来るか?


五十肩は肩関節の炎症を起こす病気だ。



突然、肩関節の痛みが起こり

腕が動かなくことがある。


しかし、

痛みが出る相当以前から

腕の動きが悪い状態があるのではと

私は考えている。



肩関節の動きの悪さ、硬さ、

つまり

腕が上がりにくい

背中に手を回しにくい

腕を頸に回しにくいなどの症状は


自覚していない方がほとんどで

左右の動きを指摘して

やっと判るからだ。



痛みがなければ

身体の不調に気がつかないのが常で

動きの悪さは

よっぽど自分の身体に

注意を払っていないと気がつかない。





だから

日ごろ丁寧に肩関節の動きを柔らかくしていれば

五十肩は防げると考えている。



五十肩は使いの荒い、

利き腕に起こりやすいから、


腕の上がりを左右比較して

少しでも左右の差が有る場合には

ストレッチングや関節柔軟を丁寧にやるべきだろう。



五十肩=痛む時は動かさず安静に=

朝日新聞(11/4)日曜版に

「元気のひけつ 五十肩」が載っていた。




「痛む時は動かさず安静に」

この言葉を何べん繰り返したことか。


暖めて動かせと言われて

悪化させてきた人に。





未だに五十肩は動かさないと駄目と信じている人がほとんど。

やっと新聞で取り上げるようになった。


アイロン体操もやっては駄目と書いてくれている。


そうなんだよ〜。

五十肩が治りが悪いのは

治さないようにしていたからなのだから。


以前書いた
「五十肩は暖め動かせば治るのか」を読んでいただきたいし、

「五十肩」のいろいろについてはこちらを読んでいただきたい。

五十肩は突然治る?



「五十肩って突然治るってきいたけど?」って患者さん。



五十肩って実に誤った神話の多い疾患だ。



「安静にしてはだめ」

「動かさないと固まってしまう」



これらはすべて間違いだ。



例えば膝が痛かったときのことを考えれば

過ちがすぐわかる。


痛みがあり動かせない状態のとき

運動をするか。


熱を持っていて痛むとき

温めるか。



なぜ肩関節だけに別の論理が出てくるのだろう。

痛いことをしないのが

治癒への早道なのは

どの病でも真理だ。



五十肩についての詳細はこちら

「五十肩は温め動かせば治るのか」はこちら

肩関節(五十肩・肩関節障害)の腫れの見かた

肩関節(けんかんせつ)の腫れがあるのは意外と判らないようだ。

患者さんに腫れているのを判ってもらうのに

ゴムボールを例に出して説明する。


新品のゴムボールのような

肩関節の丸み、皺も無く、丸く張っているなら

腫れている。



古くなって空気が抜けてきたボールのように

皺があり、凸凹が確認できるなら

腫れはない。



けっこう腫れている例は多いですよ。


腫れていたらアイシングがお勧め。

カテゴリーのアイシングや肩関節の項を見て参考にして下さい。


五十肩の治し方(九州の主婦へのメールでのお答え)

[ご質問・ご相談内容*]
 今年の3月に第1子の男の子を出産しました。(40歳で)慣れない育児と1日中抱っこの日々が続き、段々左腕が痛くなり、1ヶ月ほど前から寝ているときに激痛が走るようになり、整形外科にいくと五十肩と診断されました。まだ若いのにと驚かれていましたが、それまでほどんと身体を動かすことや重たい物をもつことはしていなかったので、急激に使いすぎて痛めたようです。
 真上に上がらない、背中に全く回らない、というように固まってしまって
痛くて動きません。腰に手をあてることも出来ません。
でも、育児をしないわけにはいかないし、抱っこも子供が重くなっていくばかりで、使わないわけにいきません。がまんして主に右手で抱っこしています。
 授乳中ですので、薬や注射は出来ないということで、シップをはっています。
 整形外科の先生は動かさないと固まるといわれ、無理ないようにと簡単な
動かし方を教えていただきました。
 それとは別に整体にもいってるのですが、そこの先生は温めて動かさないと筋肉が硬くなると言われ、お風呂あがりに動かしています。でもこの体操が痛いんです。血行が良くなるから温めたほうがいいと義母から赤外線治療器を買ってもらい、あてているのですが、一向に良くなりません。
 それどころか、寝ていて安静にしていても、上腕がちぎれるように激痛で
寝返りも辛いし、毎日痛みとともに目が覚めています。熱はないようです。腫れてもいません。
 シップを貼ったときは、気持ちよくて眠りにつくことが出来ます。自然に治る(3ヶ月ぐらいで)と言われたのですが、私のように使わなければいけない場合本当に治るのか?又、この激痛を和らげる方法はないのか?背中に回らない為、おんぷが出来なくて困っています。
なんとかいい方法はないかとパソコンを見ていたら、偶然このサイトを見つけました、九州ですので、行けないのですが、私の場合はどうしたらいいのでしょうか?
 冷やしたらいいという、全く違う意見に驚いてメールしました。お忙しいとは思いますが、お答えいただけると助かります。



-------------------------------------------------------------
(お答え)

肩関節の痛みはなかなかつらいものですね。

ことに寝ている時が痛みがひどいものです。

1、寝方

肩の関節は寝ているとねじれの力が加わって痛みがひどくなりますので
抱っこ枕やタオルなどを使って腕がねじれないように工夫してみてください。

仰向きに寝るときは腕の下にタオルをおって上腕が下がらないようにします。胸にもタオルを置き、その上に前腕を乗せるようにして肩がねじれないようにします。
これがなかなかむづかしくぴったりはまる姿勢が取れませんが、試行錯誤してみてください。

2冷し方

私は五十肩の初期のもの(急性期)は冷やすべきだと考えています。

アイスノンなどで20分冷やし1時間休むを繰り返します。

熱は無く、腫れも無いと書かれていますが意外と我々が診るとあるものです。

冷やしてよいかの基準は身体に聞きます。
冷やして気持がよいか、痛くない肩関節にアイスのノンを当てて、左右の冷たさの違いを確認して下さい。

炎症のある場所は冷すと気持のよいものです。肩関節に限らず、腕、背中、頸と試してみて心地よいところを全部冷してください。

激痛があるときは繰り返しのアイシングをお勧めします。

3、安静に

また、安静にすべきだと考えています。

痛みがひどければ大きなガーゼなどで腕をつって安静にします。
三角布は身体にフィットしないので私は使いません。
つる時に腋にタオルを挟んだり、胸と前腕の間ににもタオルを挟んだりして
腕が捩れない様な工夫をします。

うまく痛みの無い姿勢が取れれば腕をつったままでお休みなることをお勧めします。

4、なぜ冷すか、なぜ動かしてはいけないか

関節が炎症を起こして腫れている時に暖めたり、動かしたりすれば
炎症は益々ひどくなり痛みも出ます。
そしてだんだんと関節は固まっていきます。

こんな時は炎症を抑えるために冷し、安静にします。

この原則は五十肩に限りません。

五十肩を動かせ、暖めろは絶対にまちがいなのです。

慢性になって固まってしまった場合は暖めて、痛みの無いような運動をしますが。痛みのある運動はいつでもやってはいけません。


5、一番正しいのはあなたの肩関節の痛みが無くなっていくこと

どんな方法でも痛みが引いていく方法が正しいのです。

どんな高尚な理屈をこねても治っていかなければ間違っています。

あなたの身体に聞いていただいて、あなたの体とコミュニケーションを取っていただいて、からだの喜ぶ方法を取ってください。

6、最後に

子育てを手伝ってもらってください。
ご自分身体を大事にして下さい。
こんなときは甘えることが出来るといいですね。
自分の生き方の有り様も見直す良い機会となります。

またいつでも遠慮なく質問をして下さい。
早く痛みが楽になることをお祈りしています。


参考までに
ブログの五十肩のカテゴリー

http://tsubuyaki.panda.sunnyday.jp/?cid=26134

ホームページを見て下さい。
http://panda.sunnyday.jp/tsubo_50kata.htm

**********************************






原先生

お返事有難うございました。
ご丁寧に、感謝します!

昨晩も痛くて痛くて、何度も目が覚めました。

先生がおっしゃるとおり、上腕が下がると痛くて
寝返りをしながらどうやったらいいのか困っていました。
今晩からタオルをつかって寝てみますね。

冷やしたらいいんですね。(目からうろこです)
冷たいシップが気持ちよかったのはそのせいか・・
整形外科の先生も、整体の先生も、暖めて動かすように
言われてたので、そうやってたんですよ。

でも、痛みがとれるどころか、段々痛くなってくるし
固まってしまって、動かないし。
本当に治るのか疑問に思ってました。

良かったですー!間違った方法をやってました。
痛いのを無理して体操して・・
激痛に耐えて・・
だって皆がそういうから・・


アイスノンで、今少し冷やしてみたら!
気持ちいいんです!
そうなんだー。
アイシングやってみますね。

タオルを腋にはさむと楽です!

自分の身体に聞いたらいいですね。

安静にしたいんですけど、抱っこが多いから
難しくて・・・
でも、極力 一人遊びをしてるときなど使わないように
してみます。

実家の母が病気で入退院の繰り返しで手伝えないし
主人のご両親は熊本で無理です。(かえって気を使うから
いいですけど(笑))

実はこうなってから、主人に仕事を変わってもらって
早く帰れるようにしてもらいました。
なんとか夜や休みの日は抱っこしてもらってます。

昔からとても頑張るタイプなので、いいかげんというのが
なかなか出来なくて・・
でも、これからは力を抜いていきます。

それから、シップはした方がいいですか?
寝るときにしてたんですけど・・



--------------------------------------------------------------




K様へ

> 昨晩も痛くて痛くて、何度も目が覚めました。
> 先生がおっしゃるとおり、上腕が下がると痛くて
> 寝返りをしながらどうやったらいいのか困っていました。
> 今晩からタオルをつかって寝てみますね。


寝方は本当に難しいのです。腕の位置がなかなか決まりません。
上肢の動きが、てこの原理で肩関節に大きなちからを及ぼすせいだと思っています。


> 冷やしたらいいんですね。(目からうろこです)
> 冷たいシップが気持ちよかったのはそのせいか・・
> 整形外科の先生も、整体の先生も、暖めて動かすように
> 言われてたので、そうやってたんですよ。
>
> でも、痛みがとれるどころか、段々痛くなってくるし
> 固まってしまって、動かないし。
> 本当に治るのか疑問に思ってました。


五十肩をなぜ動かせって言うのでしょう。

膝が痛かったらあまり歩かないように大事にしろって言うのに肩関節は動かせって言うのはなぜなのでしょうか。



> 良かったですー!間違った方法をやってました。
> 痛いのを無理して体操して・・
> 激痛に耐えて・・
> だって皆がそういうから・・

> アイスノンで、今少し冷やしてみたら!
> 気持ちいいんです!
> そうなんだー。
> アイシングやってみますね。

> タオルを腋にはさむと楽です!
>
> 自分の身体に聞いたらいいですね。
>
> 安静にしたいんですけど、抱っこが多いから
> 難しくて・・・
> でも、極力 一人遊びをしてるときなど使わないように
> してみます。
>
> 実家の母が肝硬変で入退院の繰り返しで手伝えないし
> 主人のご両親は熊本で無理です。(かえって気を使うから
> いいですけど(笑))
> 実はこうなってから、主人に仕事を変わってもらって
> 早く帰れるようにしてもらいました。
> なんとか夜や休みの日は抱っこしてもらってます。


優しいご主人で幸せですね。
女房には聞かせられません。


> 昔からとても頑張るタイプなので、いいかげんというのが
> なかなか出来なくて・・
> でも、これからは力を抜いていきます。


五十肩になって良かったですね。
いい加減は良い加減です。

> それから、シップはした方がいいですか?
> 寝るときにしてたんですけど・・


湿布は気持ちよければやるといった程度と考えています。
体と相談して下さい。



まずは激痛が去るのにけっこうな日数がかかると思います。

そして、痛みが強いと関節が固まりやすいので。

固まった肩関節をほぐすのに時間がかかります。

無理に動かしているとかえって固まってしまいますので注意して下さい。



激痛が去ったら暖めて動かします。

でも痛みを出さないように行います。

からだにやさしく感謝しながら。


慢性期でも

腕を使った後はアイシング。
ピッチャーが投げた後にアイシングをするように。
これは先の話ですね。



急性期のアイシングの方法はこちら
http://panda.sunnyday.jp/tsubo_oqsyochi.html

からだとのコミュニケーションについてはこちら
http://panda.sunnyday.jp/tsubo_taiwa.htm

からだとのコミュニケーションについてhttp://tsubuyaki.panda.sunnyday.jp/?cid=17251
これも読んでみてください。
---------------------------------------------------------




原先生

ホームページとても勉強になりました。
自然治癒力。そうですよね。
自分の身体に感謝して、生活スタイルも
見直して、自然治癒力が働くようにしないといけないのに
つい、なんでこんなに弱い体なんだ・・とか。
褒めるのとは反対のことを思ってるんですね。
これからは身体を褒めてあげます。
感謝します。

いい加減は良い加減!あーすごい言葉。
私に一番必要な言葉です。完璧主義だから・・
 
五十肩になってよかったです。

今、母乳の出が悪くて
混合なんですけど、
おっぱいマッサージの先生から
家のかたづけはいいから、寝てゆっくりしなさいって
言われてるんです。
大分そうするようにはなったんですけど、片づけやら
気になるし、授乳ももともと完全母乳と思っていたのに
産んでみたらおっぱいの出が悪くて
自分のおっぱいもせめてるんですよね。
頻回授乳してがんばってるのに、どうして出が良くならないんだ!
ってストレスいっぱいですよね。
(すみません、話がそれました)

いろいろと自分を見つめて体に聞いて
さぼってゆったりといきます。

優しい主人に感謝しながら・・・
(先生も優しい方ですよ!丁寧に答えてくださって。
  奥様に伝えてください。(笑))

アイシング続けてみます。
又、分からないことが出てきたら質問すると思いますが
そのときは宜しくお願いいたします。

長い目で治していきます。



-----------------------------------------------------------------

K様

> 今、母乳の出が悪くて
> 混合なんですけど、
> おっぱいマッサージの先生から
> 家のかたづけはいいから、寝てゆっくりしなさいって
> 言われてるんです。
> 大分そうするようにはなったんですけど、片づけやら
> 気になるし、授乳ももともと完全母乳と思っていたのに
> 産んでみたらおっぱいの出が悪くて
> 自分のおっぱいもせめてるんですよね。
> 頻回授乳してがんばってるのに、どうして出が良くならないんだ!
> ってストレスいっぱいですよね。
> (すみません、話がそれました)

母乳の出の悪さは、乳房マッサージだけでなく

(肩こりがひどくありませんか。)

肩こり、頸のこり、背中のこりを取ると良くなることが多いものです。
その治療をしてもらって下さい。
鍼(はり)も効果があります。


> 長い目で治していきます。
あせらず。






万歳が出来ると思っていても実は手が上がっていない場合が多い。

頸、肩、腕の痛みで来院された方は、

両手をバンザイしてもらって腕の挙がりを診る。


ご自分では挙がると思っていても

けっこう挙がらない方が多い。



手の上がりが悪い方の動作の特徴がある。

バンザイした時に

頭を前に倒すのだ。


腕の上がらない分を

頭を前に倒すことで代償する。

トリックモーションだ。


このトリックモーションで

自分は手が挙がると思わされている。




もうひとつの

トリックモーションは

「前えならえ」の状態から

左右の腕が平行に挙がらずに

腕が開いてしまうことだ。


3つ目は

肘を曲げてしまうこと



頸を前に倒さないように、

腕を開いてしまわないように、

肘を曲げないように

気をつけて

腕を挙げてみると

結構挙がらないものだ。




自分でちゃんとバンザイが出来ていることを確認するには

顔を上げて指先を見ながら

バンザイをしてみる。


手先がまっすぐ空を指しているか見てみると良い。

指先が前の方や

外側の方を指しているなら

肩関節が硬くなっている証拠。


五十肩の予備軍かもしれない。

手錠のかけ方(アメリカと日本の違い)

アメリカの手錠のかけ方は背中に手を回す。

日本ではお縄を頂戴しますと前に手を差し出す。



まいった、give upの表現の文化的な差があるのだろう。



妻はからだが硬いから、アメリカで犯罪を犯すと大変だと思う。

五十肩の犯人はどうするのだろう。



肩こりがないのと同様に五十肩も無いから心配ないか。

いやいや、そのような概念が無いだけで

背中や頸はこるだろうし

腕が回らなくなる人もいるわけだから。


訴訟社会アメリカでは

腕が動かないのを無理にうしろ手で手錠かけて

肩関節を悪くしたら

警官が訴えられたりして。

なんてくだらない心配をしている。

五十肩の初期は運動療法は良くない

五十肩になり始めは

関節部及び周辺部の炎症症状があり

関節部の腫れがあるから

運動療法は禁忌である。


五十肩で腕の動きが悪いから動かせというのは間違い。

膝が腫れて曲がらない時に

曲げる練習をするだろうか。

腫れが引くまで安静にしておくだろう。


肩関節でも同じだ。


相当期間が経った五十肩でも

夜間痛、運動痛があるときは運動療法はしないほうがいい。


肩関節は丁寧に痛みの無い状態で

肩と相談しつつ動かすのが良い。


五十肩の治し方はこちら。

五十肩の治し方ブログはこちら。

五十肩を治すには周囲の筋肉の緊張を丁寧にほぐすこと

五十肩の方の筋肉は硬くなっている。

丁寧に背中、腕の筋緊張(きんきんちょう)をほぐさねばならない。

筋緊張が緩むだけで

動きが良くなり、痛みが軽くなる。


背中、頸の筋の緊張

腕の筋の緊張をほぐす。

特に脇の前(大胸筋)と後(広背筋)をしっかりほぐすと良い。



痛みの強い時は

肩関節の近くをもんだりすると痛みが増すから注意。


サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode