アキレス腱断裂の歩行療法に移行する前にやっておいていただくこと 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

アキレス腱断裂の一般的な治療法は手術、保存療法を問わず

ギプス固定(一部装具固定)をして松葉杖を使い足を着かないでいる期間がある。

 

この足を着かない、足を使わないのが、アキレス腱断裂の治療を難しくしている、治りにくくしている。

身体の機能は使わないとたちまち低下してしまい、回復に長時間を要します。

 

リハビリは後遺症を改善するのではなく、

後遺症を防ぐために行うべきのです。

歩行療法は固定直後から歩行を行うので下肢機能の低下を防ぐ優れた治療法なのです。

 

一般的なアキレス腱断裂の治療(手術・保存)はギプス固定(又は装具固定)して松葉杖を使い一定期間足を着けません。

これがアキレス腱断裂を治りにくくしている原因ですから、

それを改善した治療法が歩行療法なのです。

 

足を着いて歩かずにいると

下肢に機械的刺激(メカ二カルストレス)が入らないので神経機能・反射機能などが低下します。

血液循環が悪くなり、むくみがでる、静脈瘤をつくります。静脈瘤が悪化するとむくみがより強くなります。

むくみによって組織液の粘稠性があがり(ねちねちの液になり)それが膠様(にかわよう)変性をおこします。

        つまり関節を接着剤でくっつけてしまうような状態にしてしまうのです。

筋肉が動かないので、筋肉低下を起こします。

骨に荷重をかけないのでカルシュウムが抜くて骨も弱くなります。

歩かないので足底静脈が圧迫されずフットポンプ(足底静脈を律動的に圧迫する静脈を循環改善機能)が

  効かないのでむくみを悪化させます。

 注:下肢の静脈血を還流させる主たるものは下腿三頭筋(ふくらはぎに筋肉)の収縮で静脈を圧迫して静脈血をもどす

    作用(カーフポンプといいます)によるです。

   アキレス腱断裂では下腿三頭筋につながるアキレス腱が切れているのでこの働きが起こらないのです。

 

足を着かないと、このような問題が起こってしまうのです。

 

 

従来の治療法でギプス固定をした場合には

たった2日でもこのよう状態が起こります。

 

この状態が起こると、歩行療法への移行に難渋する場合があるのです。

足を着くと痺れるような感覚がおこり、体重をかけられない、歩けない。

関節の痛みがでる。ふくらはぎのむくみでアキレス腱部に引っ張りの力がかかり足首を歩く角度に戻せないなどなど。

 

 

そこで従来の治療法から歩行療法に移行を希望される方には

下記のことをお願いしてやってもらいます。

移行がスムーズになります。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

‖裏に荷重を替えて下さい。つま先にはかけないで。
脛の軸に沿った力をかけて足裏を刺激します。アキレス腱にツッパリ感の無い状態で行ってください。
足裏や筋肉の神経機能を回復させるために必要です。
足指の運動を1000回/1日(目標)
Bの挙上をできるだけ高く・多く・長く
   むくみの改善のためです。
アキレス腱断裂を手術しないで4週間の固定で歩きながら治す

患者さん自作の素敵なギプスシューズ

JUGEMテーマ:スポーツ

 

100金で購入したクロックスもどきと

同じく100金でのゴム製の靴ひも

なかなかいい出来。

 

売られているギプスシューズより

フィッティングよく軽くて最高。

 

タンの部分を丸くカットして

ちょっと手を入れると売れるかも。

 

 

IMG_20170527_190111.jpg

 

 

 

手術しないで固定は4週間、アキレス腱断裂を歩きながら治す


左アキレス腱断裂を手術したが癒合しなかった症例(あらセブの男性) [29‐31‐1]

JUGEMテーマ:スポーツ

 

負傷 28年12月23日 スキーを履いてマットが引いてるところを歩いていてつまずいて断裂

        26日 整形外科受診するもいつもの踵骨痛と思われ未処置

    29年1月4日  再度受診しアキレス腱断裂を指摘され、転医し手術

           ギプス固定 松葉杖2本で歩行

           いったん退院するも、トイレに行くのも大変なので再入院 

            1月末にギプス除去 ウェッジ入り装具に変更

      2月13日 退院 装具固定で杖無しの歩行

      2月末  装具除去

      5月29日 来院

         

左アキレス腱部に手術痕

ふくらはぎ、アキレス腱周囲、足関節、足部のむくみが強く、

足関節周辺にはスパイダ―スキン(毛細血管がクモの巣のように浮き立ったように見える)を見る。

IMG_20170529_133114.jpg

 

IMG_20170529_135330.jpg

親指が入る陥凹

IMG_20170529_135325.jpg


健側(右)の矯正背屈肢位

IMG_20170529_133140.jpg

 

左足関節背屈でアキレス腱の運動制限が無い

IMG_20170529_133128.jpg

 

アキレス腱の癒合には手術が必要。

再断裂直後なら歩行療法の適応となるが、

この症例では時間が経過しすぎていて固定しても自然治癒は望めない。

 

この方の娘さんが断裂が判った時に電話で相談を受けた。

歩行療法をおすすめしたが、その時は御本人の希望で残念ながら手術となった。

歩行療法をおすすめしたが、

 

整形外科では再手術をと言われているが、

家庭医は年齢のこともあり再手術に否定的なご意見。

 

歩行療法の立場で言えば

手術をしていただき抜糸後に歩行療法に変更すると良い経過が得られると思っている。

 

再度同様な治療では、杖を着くことのできないことの問題、筋力低下、神経機能低下、むくみの悪化など、

リハビリに困難な状態が起こる不安がある。

 

ご高齢にもかかわらず、登山、スキーなどをされるスポーツマンを是非とも再起させたいので、

手術後の歩行療法をおすすめしたい。

 

 

 

 

手術しないで歩きながらたった4週間の固定でアキレス腱断裂を治す治療は

 

 

 


右アキレス腱断裂 40代の女性 昨日受傷の症例 [29-15-2]

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

29年4月26日 バレーボール中に負傷 同日 整形外科受診し簡易固定

27日 同病院再診 手術をすすめられる。 当院へ来院、歩行療法開始

 

初診時の詳細は下記を

右アキレス腱断裂 40代の女性 昨日受傷の症例 [29-15-1]

 

5月12日 固定チェック 包帯巻き替えのみ

  25日 固定除去 アキレス腱の状態良好


IMG_20170526_113332.jpg

     

               固定は完全除去しても良いが、

      農作業など動くことが多いとのことで後方のシーネを残した。

      1〜2週間後に患者さんの不安が無ければ除去予定。

 

8月初めには軽いスポーツ開始となる。

 

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す治療は下記へ     

 

 

 

 

 

 


右アキレス腱断裂 断裂しやすいファクターに股関節の硬さがある [29-14-2]A-6

JUGEMテーマ:スポーツ

 

29年4月15日フットサル中に負傷 同日、救急病院でシーネ固定

17日整形外科で膝上からのギプス固定

18日相談のお電話

                       過去に左断裂を手術の経験あり。

できればギブスをカットしてもらいたいとお願いしたが、困難なため

‖裏に荷重をかける(アキレス腱を伸ばさないように)

足の挙上でむくみを予防する

B指をにぎにぎして筋力低下を防ぐ

をお願いした。

23日来院

足裏に荷重をかけているうちに膝上のギプスが壊れたので自力で切除して、

膝下ギブスになっていた。

左断裂の時の手術が部分麻酔のために痛みが使ったので手術は回避し保存療法で行いたいと思いもあって

歩行療法を選択された。

 

初診時の詳細は下記を

右アキレス腱断裂 断裂しやすいファクターに股関節の硬さがある ブラックジャックみたいに怪しい Ruptured Achilles tendon [29-14-1]A-6

 

29年5月21日 固定除去(固定から4週間後)

       アキレス腱断裂にまだ細いところ(陥凹を蝕知)があり、架橋が十分でない状態

       歩行中に2回ほどつまずいてアキレス腱に痛みが走ったことがあったという。

       たぶん、その時に断裂を起こした可能性があるので、

       後方のシーネを残しもう3週間固定して、がに股歩行で歩いていただく様にした。

 

 

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す治療(保存歩行療法)は下記へ  


右アキレス腱断裂 5日前に膝上からのギプスを外し歩行して頂いた症例 [29‐28‐1]A‐16

JUGEMテーマ:スポーツ

 

29年5月14日 テニス中に負傷

    15日 膝上からMPまでのギプス固定

 

    16日 相談の電話

       膝上からのギプス固定が1週間も続くと歩行療法への移行が難しくなるので

       除去していただく様お願いした。

 

    17日 ギプス除去 固定ない状態でがに股歩行をしていただく

       Gipsを1週間でも装着して足を着かない状態にしておくと

       循環障害でむくみが起こり、神経機能が低下し、関節の拘縮がはじまる。

       その弊害をなくすためにギプスを外して頂き

       固定の無い状態でがに股歩行していただいた。

 

    21日 来院は固定無しでがに股歩行

       歩行療法固定をして歩行開始 スムーズに歩ける。

       膝上からのギプスを1週間していたら歩き始めるのに1時間以上かかったと思われる。

 

アキレス腱周囲はむくみ・腫脹が強い。

田島

 

東京でアキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す治療は下記へ

 

 


21日(日)22日(月)は東京でアキレス腱断裂保存歩行療法の出張治療を行います。

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら4週間の固定で治す治療を

東京で行います。

今からでも間に合います。

お問い合わせは下記のサイトへ

又は 原の携帯 090−1693−1175へ

 

 

その為、いいだ整骨院♡鍼灸院/いいだカイロプラクティックは

22日(月)は臨時休診させて頂きます。

 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 


歩行療法を予約していただいたがキャンセルになってしまった症例

JUGEMテーマ:スポーツ

 

29年5月14日 バレーボール中に右アキレス腱断裂。 

         他院で脛の前側に簡易なシーネを当てて固定。

 

     15日 問い合わせを頂き5月21日に歩行療法用固定を行うことになった。

         その折、来院までにやっていただいておくこと3っつと

         できれば固定除去し、がに股であるいていただく様にお願いした。

 

         その3っつとは

          1)踵に荷重をかけること(足先に荷重をかけてはいけない)

              下肢にメカニカルストレス(機械的刺激)を入れて

               神経機能、反射機能の低下を防ぐ。

          2)足指のにぎにぎ運動をすること 1日1000回目標

              アキレス腱と他組織の癒着を防ぐ、足底の静脈に圧をかけ下肢のむくみふせぐ。

               筋力低下を防ぐ。

          3)下肢の挙上 仰臥位でできるだけ高く、頻回に、長い時間

              むくみを予防し、エコノミー症候群の予防、関節の拘縮予防、静脈瘤の予防をする。

 

         この3っつをやっておいていただくと歩行療法を開始する時に

         歩行をスムーズに開始できる。

 

        また、固定を取っていただいてつま先を外側に向け膝を伸ばした状態で(いわゆるかに股)で

         歩踵荷重でいていただく様お願いした。

         この状態で歩いていただくとアキレス腱に引っ張り力はかからないので

          アキレス腱に負担がかからないのと

           足を着いて歩いているので下肢の神経機能低下を防ぎむくみによる循環不全も防げる

 

        歩行療法に変更する際にギブス固定が長いと関節の拘縮やむくみが強くなり

         歩行療法への変更がスムーズに行えないのでギプス固定を取っていただく様お願いしている。

        アメリカ、香港から来院された方に固定を除去して歩いて来て頂きいい状態で歩行療法に移行した。

     そのためにこの方にも固定除去をお願いして歩行していただく様お願いしていた。

 

      5月17日 朝、患者さんからお電話があり、昨日固定を外していたが、

              アキレス腱部が痛み、足首周りのむくみが強いと心配の様子。

            お話を伺うと16日はデスクワークで一日座っていた。足の挙上は帰宅後1時間ほどだった。

              痛みの原因は座りっぱなし。足上げの時間も短い。

               1日何回も、なるべく長時間行って頂きたかった。

                一日動かずに足を下げっぱなしで、ふくらはぎのポンプアップも聞かない状態では

                 むくみがつよくなり、ねっとりしたむくみとなって、痛みを起こす。

             また、アキレス腱が切れているので安静が保てないと外傷性の炎症が強くなり、

                 やはり痛みが強くなる。

            患部をアイシングし足の挙上を沢山していただく様お願いした。

 

      17日午後 当院での治療のお断りの電話があった。

 

 

    今回は患者さんに固定を取って歩行療法を開始する21日までがに股歩行をしていただく様お願いしたが

       アキレス腱が切れていて負傷した状態であるから

          あくまで普通の日常生活を行う状態にはないこと、

          固定していなのでアキレス腱の断裂部に負担がかかることなど

           丁寧に説明すべきであったと反省している。

 

       やはり簡単な固定は行っていた方が良いだろうと思う。

 

 

 

東京でのアキレス腱断裂の歩行療法は

で。

 

 

 

 

 

       


左アキレス腱断裂 千葉県から来院 [29‐27‐1]A‐15

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

29年5月14日 運動中(詳細不明)負傷  他院でGips固定

          16日 歩行療法用固定をして歩行開始(飯田で)

 

IMG_20170516_174619.jpg

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら4週間の固定で治す

 


左アキレス腱断裂 福井県から来院 [29‐26‐1]

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

29年5月14日 サッカー中に負傷 病院で仮固定

    15日 ギプス固定

    16日 来院 ギプス除去して歩行開始

 

IMG_20170516_121121.jpg

 

IMG_20170516_120830.jpg

 

IMG_20170516_120815.jpg

 

 

IMG_20170516_124943.jpg

 

 

 

アキレス断裂を手術しないで歩きながら治す。固定は4週間



サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode