B37左アキレス腱断裂(新潟から来院) 3年前に右アキレス腱断裂を手術の既往

JUGEMテーマ:スポーツ

 

30年6月29日フットサルで負傷

    30日初診、固定歩行開始

   8月4日固定除去

 

固定除去直後の状態

 

IMG_20180804_105358.jpg

右のアキレス腱は硬く太い。手術痕も大きい。

左のアキレス腱は正常に近い太さで癒合している。

 

 

http://tsubuyaki.panda.sunnyday.jp/

http://iida-seitai.com/

http://panda.sunnyday.jp/

 

 


B41左アキレス腱断裂(京都から来院)

JUGEMテーマ:スポーツ

 

30年8月8日 8バスケットボールをしていて負傷

    9日 初診 固定し歩行開始

 

IMG_20180809_141948.jpg

 

固定直後から歩行開始

 

4週間の固定を予定している。

 

http://tsubuyaki.panda.sunnyday.jp/

http://iida-seitai.com/

http://panda.sunnyday.jp/

 

 


阿智中バレー部全国大会へ

JUGEMテーマ:スポーツ

 

おめでとう阿智中学校バレーボール部

 

南信州新聞8月11日付


「アキレス腱再断裂」名称の考察。「癒合前断裂」と「再断裂」

JUGEMテーマ:スポーツ

 

アキレス腱断裂は約3か月で癒合する。

その前にアクシデントなどで断裂したのを現在は「再断裂」と呼ばれているが

癒合前の断裂であるのだかあ「癒合前断裂」と呼ぶべきではないのか。

3か月経過後に再び断裂したものを「再断裂」として、

3か月以前に再び断裂したものは「癒合前断裂」表現して区別すべきだと思う。

 

http://tsubuyaki.panda.sunnyday.jp/

http://iida-seitai.com/

http://panda.sunnyday.jp/

 


『「PRICE」値段から「POLICE」警官に』と「アキレス腱断裂歩行療法」

JUGEMテーマ:スポーツ

 

近年捻挫などの外傷」は、「Rest」つまり患部を必要以上に安静に保つのではなく、患部を保護したうえで復帰に向けてきちんと使った方がよいのではないかといわれています。

当然のことです。内情疾患や大腿骨頸部骨折の手術後の安静は短期間になっています。

それは安静が体に悪いからです。筋力を落とし、骨を弱くし、循環機能、平衡機能などの低下を招きます。

 

そこでアキレス腱断裂です。

現在のスタンダードの治療は足を着いて歩行しない治療です。

歩行療法は最初から歩きながら治す治療法。

 

つまり、安静による機能低下を極力少なくして、早期になおす治療法なのです。

 

http://tsubuyaki.panda.sunnyday.jp/

http://iida-seitai.com/

http://panda.sunnyday.jp/

 

 

スポーツ外傷の応急処置「POLICE

PRICE」値段から「POLICE」警官に

Rest」(安静)から「Optimal Loading」(適切な負荷)に

応急処置の原則は、Protection:保護、Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上の頭文字をとりPRICEとして治療の値段が安くなると覚えると言われていた。しかし最近「R」がOptimal Loadingの「OL」に代わりPOLICE警官と覚えるということになった。

 

捻挫や肉離れなどのスポーツ外傷を起こした際には、初期治療として応急処置を行うことが重要です。これまで応急処置の方法としてはRICE(ライス)が基本であるといわれてきました。RICERest(安静)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)の略です。

しかし、近年「Rest」つまり患部を必要以上に安静に保つのではなく、患部を保護したうえで復帰に向けてきちんと使った方がよいのではないかといわれています。

そのため、従来のRICEから「POLICE(ポリス)」という応急処置を行うべきではないかという意見がでています。

新しい応急処置「POLICE」とは?

POLICE(ポリス)はProtection(保護)Optimal Loading(適切な負荷)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)を応急処置として行うことです。

RICERRest:安静)が、PProtection:保護)OLOptimal Loading:適切な負荷)に置き換わっています。

負傷した部分をまったく使わない状態が続くと、怪我からの回復が遅くなってしまうことがあります。たとえば、足首の捻挫の場合、足首の安静を保ちすぎると患部のむくみが進行していき完治に時間を要することがあります。そのため、患部を保護しながら少しずつ負荷をかけることで、怪我からの早期回復が期待できます。

POLICEの方法>

Protection(保護)

添え木や装具などを使用して患部を保護します。このとき、患部を固定できるものであればダンボールなど身近にあるもので代用できます。

Optimal Loading(適切な負荷)

組織の修復を促し怪我からの回復を早めるために患部に適切な負荷をかけます。スポーツドクターやトレーナーなど専門家の判断のもとで行うようにしましょう。

Ice(冷却)

アイスバッグやビニール袋などにいれた氷で患部を冷やします。このとき必要以上の冷却は避け、1520分間冷やしたらいったん冷却を中断し、痛みがでてきたら再度冷却を行うようにしましょう。

Compression(圧迫)

内出血や腫れを防ぐために、患部を弾性包帯などで圧迫します。

Elevation(挙上)

患部を心臓より上に挙げるようにします。患部の腫れやむくみを抑えることが目的です

https://medicalnote.jp/contents/180305-002-OYより転載

 


応急処置の原則は「PRICE」値段から「POLICE」警官に

 

JUGEMテーマ:スポーツ

Rest」(安静)から「Optimal Loading」(適切な負荷)に

応急処置の原則は、Protection:保護、Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上の頭文字をとりPRICEとして治療の値段が安くなると覚えると言われていた。しかし最近「R」がOptimal Loadingの「OL」に代わりPOLICE警官と覚えるということになった。

 

スポーツ外傷の応急処置「POLICE

PRICE」値段から「POLICE」警官に

Rest」(安静)から「Optimal Loading」(適切な負荷)に

応急処置の原則は、Protection:保護、Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上の頭文字をとりPRICEとして治療の値段が安くなると覚えると言われていた。しかし最近「R」がOptimal Loadingの「OL」に代わりPOLICE警官と覚えるということになった。

 

捻挫や肉離れなどのスポーツ外傷を起こした際には、初期治療として応急処置を行うことが重要です。これまで応急処置の方法としてはRICE(ライス)が基本であるといわれてきました。RICERest(安静)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)の略です。

しかし、近年「Rest」つまり患部を必要以上に安静に保つのではなく、患部を保護したうえで復帰に向けてきちんと使った方がよいのではないかといわれています。

そのため、従来のRICEから「POLICE(ポリス)」という応急処置を行うべきではないかという意見がでています。

新しい応急処置「POLICE」とは?

POLICE(ポリス)はProtection(保護)Optimal Loading(適切な負荷)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)を応急処置として行うことです。

RICERRest:安静)が、PProtection:保護)OLOptimal Loading:適切な負荷)に置き換わっています。

負傷した部分をまったく使わない状態が続くと、怪我からの回復が遅くなってしまうことがあります。たとえば、足首の捻挫の場合、足首の安静を保ちすぎると患部のむくみが進行していき完治に時間を要することがあります。そのため、患部を保護しながら少しずつ負荷をかけることで、怪我からの早期回復が期待できます。

POLICEの方法>

Protection(保護)

添え木や装具などを使用して患部を保護します。このとき、患部を固定できるものであればダンボールなど身近にあるもので代用できます。

Optimal Loading(適切な負荷)

組織の修復を促し怪我からの回復を早めるために患部に適切な負荷をかけます。スポーツドクターやトレーナーなど専門家の判断のもとで行うようにしましょう。

Ice(冷却)

アイスバッグやビニール袋などにいれた氷で患部を冷やします。このとき必要以上の冷却は避け、1520分間冷やしたらいったん冷却を中断し、痛みがでてきたら再度冷却を行うようにしましょう。

Compression(圧迫)

内出血や腫れを防ぐために、患部を弾性包帯などで圧迫します。

Elevation(挙上)

患部を心臓より上に挙げるようにします。患部の腫れやむくみを抑えることが目的です

https://medicalnote.jp/contents/180305-002-OYより転載

 

PRICE」値段から「POLICE」警官に

Rest」(安静)から「Optimal Loading」(適切な負荷)に

応急処置の原則は、Protection:保護、Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上の頭文字をとりPRICEとして治療の値段が安くなると覚えると言われていた。しかし最近「R」がOptimal Loadingの「OL」に代わりPOLICE警官と覚えるということになった。

 

スポーツ外傷の応急処置「POLICE

PRICE」値段から「POLICE」警官に

Rest」(安静)から「Optimal Loading」(適切な負荷)に

応急処置の原則は、Protection:保護、Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上の頭文字をとりPRICEとして治療の値段が安くなると覚えると言われていた。しかし最近「R」がOptimal Loadingの「OL」に代わりPOLICE警官と覚えるということになった。

 

捻挫や肉離れなどのスポーツ外傷を起こした際には、初期治療として応急処置を行うことが重要です。これまで応急処置の方法としてはRICE(ライス)が基本であるといわれてきました。RICERest(安静)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)の略です。

しかし、近年「Rest」つまり患部を必要以上に安静に保つのではなく、患部を保護したうえで復帰に向けてきちんと使った方がよいのではないかといわれています。

そのため、従来のRICEから「POLICE(ポリス)」という応急処置を行うべきではないかという意見がでています。

新しい応急処置「POLICE」とは?

POLICE(ポリス)はProtection(保護)Optimal Loading(適切な負荷)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)を応急処置として行うことです。

RICERRest:安静)が、PProtection:保護)OLOptimal Loading:適切な負荷)に置き換わっています。

負傷した部分をまったく使わない状態が続くと、怪我からの回復が遅くなってしまうことがあります。たとえば、足首の捻挫の場合、足首の安静を保ちすぎると患部のむくみが進行していき完治に時間を要することがあります。そのため、患部を保護しながら少しずつ負荷をかけることで、怪我からの早期回復が期待できます。

POLICEの方法>

Protection(保護)

添え木や装具などを使用して患部を保護します。このとき、患部を固定できるものであればダンボールなど身近にあるもので代用できます。

Optimal Loading(適切な負荷)

組織の修復を促し怪我からの回復を早めるために患部に適切な負荷をかけます。スポーツドクターやトレーナーなど専門家の判断のもとで行うようにしましょう。

Ice(冷却)

アイスバッグやビニール袋などにいれた氷で患部を冷やします。このとき必要以上の冷却は避け、1520分間冷やしたらいったん冷却を中断し、痛みがでてきたら再度冷却を行うようにしましょう。

Compression(圧迫)

内出血や腫れを防ぐために、患部を弾性包帯などで圧迫します。

Elevation(挙上)

患部を心臓より上に挙げるようにします。患部の腫れやむくみを抑えることが目的です

https://medicalnote.jp/contents/180305-002-OYより転載

 


塩澤千咲さん 少年少女柔道大会チャンピオン大会に出場

JUGEMテーマ:スポーツ

 

松尾小学校6年生

26日に山口県周南市での全国大会に出場。

 

南信州新聞8月1日付


飯田風越高校自転車競技同好会の山田拓海選手 自転車競技に出場!!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

8月4日伊豆市で行われる、ロードレースとトラック競技に出場する。

 


キャリック神経学(カイロプラクティック神経学)に基づいた治療で驚異の効果が

Dr.Carrikが研究されているカイロプラクティック神経学を学んでいる。

 

神経学というと脳や神経系の病的な変化を診るが、

この神経学は脳や神経系の機能的な異常を診て治療を行う。

 

特に大脳半球の機能的左右差(へミスフェリシティという)を調べ、

その左右差を調整して全身の調整を行う。

 

神経学におけるパラダイムシフトである。

 

実際の驚異の効果をアメリカABCで放映したのがこれ

 

ABCニュースに出演したドクターキャリックの映像

ある少年は、アイスホッケー中の衝突で脳しんとうを起こした後、光過敏や頭痛・歩行困難・左手が動かないという症状があらわたそうです。

Dr.キャリックの機能神経学的アプローチにより少年は回復しました。
 
機能神経学の大きな可能性を感じていただけるでしょうか?

 


それではDr.キャリックの奇跡ともいえる実績の一部をご紹介します。

・半身不随で歩行不能だった女性がバージンロードを歩くことができた
・脳死状態の人が回復した
・植物状態の人が家族と会話できるようになった
・チックが数十秒の刺激で消失した
・ジスキネジアの不随意運動が眼球運動により改善した

このように 
 
神経を臨床の場で活かすことができれば、今まであきらめていた症状が改善する可能性もあるのです。


米ABCニュースに出演した際のケースをご紹介します。

 

キャリック・インスティテュートのホームページはこちら

 

 

JUGEMテーマ:健康


B38[30−38]左アキレス腱断裂(兵庫県明石市から) 他院で3週間以上ギプス固定を歩行療法に

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

30年6月20日 水たまりを跳ぼうとして負傷

       同日、他院でギプス固定

       水害などあり当院に来られない事情あり

  7月14日 当院でギプスをカットし歩行療法用固定し歩行開始

 

ギプス除去した状態

アキレス腱は架橋してきているがまだ細い

IMG_20180714_131137.jpg

 

 

IMG_20180714_131137.jpg

 

3週間以上尖足位ギプスで固定していたため、歩行が不安定

 

身体調整「アクティベータ治療」後の安定した歩容。

アクティベータ・メソッドはアメリカのカイロプラクティックドクターのテクニック 

詳細はこちらを

 

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら4週間の固定で早く治す治療の詳細は下記を

http://tsubuyaki.panda.sunnyday.jp/

http://iida-seitai.com/

http://panda.sunnyday.jp/

 

 

 

 

 

 

 



サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode