首の頭の付け根のストレッチ(首こり、頭痛に)

JUGEMテーマ:健康

頭痛を繰り返し訴えられる方は

後傾部の頭の付け根の筋肉が凝っている方が多い。


この部分はストレッチが難しい。


頭を前方に下げるストレッチでは

なかなか、首の上の部分(頭の付け根)がストレッチされない。








そこで下の写真のようなストレッチが必要になる。






顎に手を当てて





なるべく頭は垂直のまま顎を後方へ押し込み、

顎を支点にして

首を前方に曲げる。


この時に首や方の力を抜きリラックスして行います。

ソファーに尻を前に出して座りって(だらしないようなかっこう)行うと良い。


一枚の紙で細い筒をつくる様に巻きこむイメージです。







前頭部に手を添えて軽く頭を下げるように引く

軽く引くのがポイント


後傾部、特に頭の付け根が引っ張られていなければいけません。



頭痛。目のもやもや感。首こりが改善します。



首を紙に例えると

太い筒をつくるように丸けるのではなく



細い筒をつくるように丸けると、

頭の付け根に効きます。





リラックスして行うこと、

首や肩の力を抜いて、

やさしく、そっとストレッチしましょう。

ソファーなどの寄りかかるように座ってやると効果的です。





からだの硬い人のためのストレッチングの原則はこちらを



からだの硬い人のためのストレッチテクニックが書かれた

『硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチ
 
 
 
 
日東書院刊はこちらを

ストレッチ基礎の基礎1


『硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチ』日東書院刊 を

出版して判ったことは

一般の方はもちろん医療従事者も

筋肉の付着部、走行が意外とわかっていないことです。

筋肉が関節をまたいでいることさえわかっていない。

関節をまたいでいるから筋肉が収縮すると関節が曲がるのだ。

だから関節が伸ばすと筋肉がストレッチされる。


このような基礎的なことを少しつづけて書いてみたい。


 

 二の腕のちからこぶの筋肉は肘の関節をまたいでいる。

 『図説 スポーツ障害』株式会社同朋舎出版より


『硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチ 』の評価

JUGEMテーマ:健康

アマゾンでの10件のカスタマーレビューを見ました。

おかげさまで良い評価をして頂いています。


以下がそのコピペです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
1) からだが硬く、いままでの方法ではストレッチの効果が出にくかったが、この本の方法は今までとは違いストレッチする部分に筋肉の伸ばされる感覚が出た。ハムストリングのストレッチもクラウチングスタートの姿勢で行う方法だとうまくストレッチできた。体が硬いと、ストレッチしようとする筋肉が伸びにくく他の場所をストレッチしてしまうのでトラブルも起こしやすいと書かれている。そのような動き、トリックモーションを防いでストレッチする方法が書かれている。ATMストレッチ(Anti Trick Motion Stretching=抗代償運動ストレッチ)は新しい考え方のからだの硬い人には効果的な方法だと思う。
 
               これだけ的確に理解して頂けるとうれしい。

2)うちの家内がこのストッレッチをして体が柔らかくなったから
しかも短時間のストレッチをしただけで。
               有難うございます。

3)私は幼い時から体が固くついに下半身の痛みと麻痺に悩まされるようになってしまいました。
この本は硬い体の私でも出来るストレッチが各種掲載されています。
特に著者の書かれた「筋肉を伸ばすのではなく、伸びる」という受動的なイメージが新鮮でした。
あ、そうなのか と得心した気持ちです。
いくつかのストレッチをしてみて、硬い私でもでき、きもちい〜という感じです。
行った後は、普段は痛くて立てないのですが、何となくス〜と立てましたのにはうれしい驚きです。
今まで私もストレッチの本やDVDはいろいろと買い漁ってきたのですが、
どれも、体の柔らかい人が柔らかくやってるポーズが多かった気がします。
あんたらそんなんせんでも柔らかいんでしょう! と言いたくなります。
ガチンガチンの体で困っている人にはお薦めの一冊です。
ちなみにATMというのは著者の作った造語ですが、何か銀行の引き出し機を連想してしまいます。
ここは英語らしく Anti Compensation Method のACMではどうでしょうか。

               ストレッチングは受動的にが大切です。
               この本は硬い私が書きました。
               ATMはまさしく現金引出し機を意図しています。
               ACM、考えてみます。

4)体はかっちかちの私です。この本でたまにストレッチしています。今までとは違う伸ばし方に感心しきり。今やっと人並程度の柔軟性ですがこれからも少しづづやっていこうと思います。
 
               適当にがんばって下さい。

 
5)大変写真つきで大変わかりやすい本です。
成果はこれからですが、たのしく読んでます。
                           
             有難うございます。

6)写真も説明も、とてもわかりやすくて良かったです。
お勧めです!!

             おほめの言葉有難うございます。

7)分かりやすく、写真も多いので見やすい、とにかくお気に入りです。

             うれしいです。

8)タイトルに惹かれて購入しました。
ストレッチの数も多いし、写真も大きくてみやすくてわかりやすいのが特徴で、
どんな年代の人にも取り掛かりやすくて良いと思います。
ただ、子育てに忙しく、空いた時間を見つけて運動やストレッチをしたい私には、
ちょっと逆に内容が多すぎて、どれからやったらいいか、また、どれだけやったらいいかわからず、
取り掛かることもなく過ぎてしまいました。
結局、少しもやることなくリサイクルに…
本の内容としては、とても良いと思いますし、
時間のある方、体をしっかりストレッチしたい方には
とてもオススメだと思いますが、
忙しい方や、自分に向いてる内容を集中してやりたい方には、
あまりオススメできないと思います。

           次の本ではこれを改善するようにします。
           ご指摘ありがとうございました。

9)まだ十分見て、レッスンしてないので申し訳ありませんが、からだをやわらかくするのは、やはり本ではなく、自分の努力だと言うことがわかりました。


           御指摘のとおりです。
           テレビ見ながらストレッチがお勧めです。


10)確かに綺麗な状態の本でしたが、定価とほとんど変わらない金額なら(50円しか違わない)わざわざネットから購入しなくても
本屋で新品を購入すればよかったと思いました。

          ぜひ新品をご購入下さい。

「老化とは硬くなること」

JUGEMテーマ:健康

 元陸上競技選手・400mハードル日本記録保持者で、現在はスポーツコメンテーター・タレント・指導者などで活動中の為末 大氏がテレビ番組の「switch」で話されている。


治療院、デイサービスで高齢者の動きを見ていると、

筋力低下ばかりでなく、

体の硬さが動けない原因になっているのが判る。


例えば、起き上がり動作を難しくするのは

躯幹の硬さだ。


腰、背中が硬いと、体は木の丸太の様な状態になる。

この状態では例え筋力があっても起き上がるのは困難だ。

体が柔らかければ、体がしなるので、

少ない力で起き上がることが出来る。

歳をとるほどストレッチ、柔軟は必要なのだ。




体の硬い人は従来のストレッチでは効果が少ない、

体の硬い人向けの方法が必要です。

そんなからだの硬い人向けに書いた本が下記です。


硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチ [単行本(ソフトカバー)]



ストレッチ・猫背の講座「まちゼミ」が終わりました。

JUGEMテーマ:健康

「まちゼミ」

「ねこ背を治して心地よい美しい姿勢に」を7月9日、19日
「からだの硬〜い人の為のストレッチ・柔軟法」を7月12日、23日に
行いました。

ご参加いただいた皆様有難うございました。

定員オーバーでお断りした方には申しわけありませんでしたが、

秋にまた開催しますのでぜひご参加下さい。


ストレッチの風景です。
 




院長の著書
『硬いからだが驚くほど柔らかくなるストレッチ』はこちらを


院長の著書
『猫背を治せば10歳若返る』はこちらを

『驚くほど硬い体がやわらかくなるストレッチ』の2刷だ出ました。

JUGEMテーマ:健康

おかげさまで1刷完売で2刷を出していただけました。
 
『驚くほど硬い体がやわらかくなるストレッチ』はアマゾンで

「硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチ」が再販されます。

JUGEMテーマ:健康

おかげさまで初版が売り切れました。

感謝です。 

「硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチ」

からだの硬〜い人のためのストレッチ=ATMストレッチング

JUGEMテーマ:健康

2月11日南信州新聞に掲載された内容です。


『からだの硬〜い私がストレッチの本を書いた理由』

                         


 腰の痛みと筋肉の硬さ

 日々の臨床で体のトラブルを繰り返えす患者さんに接していると、からだの硬い方が多い。例えば、腰の痛みを繰り返す方には腰部はもちろんだが、大腿後側(ももの後ろ側)の筋肉や股関節、背中の動きが硬く動きが悪い。腰の痛みは腰に何らかのトラブルを生じているのであろうが、その腰に大きな負担をかけるのは腰以外の部位が柔軟性に乏しく、動きが悪いために、その動きを代償して腰がより多く、大きく動かなければならず、その結果腰に負担をかけるからだと考えられる。この代償する動きを代償動作=トリックモーション(Trick Motion)という。

 

 
 立位体前屈

 体の柔軟度を判定する立位体前屈(現在は検査中の腰のトラブルを防ぐために座位体前屈になっているが)の動きを見てみるとそのことが良くわかる。体を前に曲げる動作は、下肢の筋肉、股関節、腰、背中のトータルな動きである。体前屈が簡単にできる場合はももの後ろ側の筋肉(ハムストリング=大腿二頭筋、半腱半膜様筋)と股関節(股の付け根の関節)が柔らかい。この場合では腰、背中を曲げる必要がなく、例え腰、背中が硬くても前屈動作は制限されない(図1)。逆にハムストリングか股関節が硬いと体前屈ができにくく、腰や背中を曲げてしまうことになる(図2)。このようにハムストリングや股関節が硬いと腰をより動かさなければならなくなる。腰の痛みを繰りかえす方は腰のみの問題と考えずに下肢や背部も含めた柔軟性を考えてみたらどうだろうか。

 

 クラウチング スタート ストレッチ

 そのハムストリングのストレッチの方法であるが、一般的な方法では立位で下肢をクロスして体前屈する(図3)。だがこの方法だと硬い方は体が曲がらないからハムストリングを伸ばす力がうまく作用しないばかりでなく、腰を曲げる方に力がかかってしまい、腰のトラブルを起こしかねない。硬い方のハムストリングのストレッチは、クラウチングスタートのように腰を落としておいてから尻を持ち上げる動作にすると、腰に負担をかけずに効率よくストレッチできる(写真1)。


 

  ATMストレッチング


 このストレッチの方法は私の体が硬〜いゆえに思いついた方法です。開脚体前屈でも一般的には座位で行うものを(図
4)、仰向けで寝て壁を使って行うと腰に負担をかけずに、下肢の重さで楽に行えます(図5)。このように体の硬い人のストレッチは柔らかい人が行う方法とはトリックモーションを防ぐ別の方法が必要なのです。つまり伸ばしたい筋肉に効率的にストレッチ力を働かせ、トリックモーションを防ぐストレッチ法で、それをATM(Anti Trick Motion)ストレッチングと名付けました。

 

 安座のできないお子さん


 小学生、中学生で体育座りがきついお子さんがいます。体育座りは安座(安座の呼称が正しいかは別して)ともいわれます。股関節が柔らかい子には楽な姿勢ですが、硬いお子さんにはこの姿勢は大変です。膝を胸に寄せるのが難しく両手に力を入れて膝を抱えていなければならず背中を丸めなければ座っていられないからです。安座で楽に座るようになるには股関節が曲がるようにしなければなりませんが、股関節の屈曲の柔軟は、硬い場合は腰を曲げるトリックモーションが起こります。それを防ぎ股関節に的確に柔軟の力が働くように柔軟を行わねばなりません(図
6)。


 

 猫背の原因も


 猫背の原因にも筋肉が硬い場合があります。腰が反って背中が曲がるタイプの猫背(S型猫背 写真
2)の中には腰のインナーマッスルの腸腰筋(写真3)が硬い方がいます。そのストレッチは腰を反らさない様に、仰向けに寝て両膝を抱え腰がベッドから浮かないようにして片足を伸ばして行わねばなりません(写真45)。このように体の硬い方には硬い人向けのストレッチング、柔軟法が必要なのです。

 


 自分に適したストレッチを受動的に行う


 体の硬い方がストレッチングや柔軟体操を行う時には、本に書いてある方法をうのみに
せずに、ご自分の体とコミュニケーションを取りながらご自分の体に合った方法を作り上げていただきたいと思います。ストレッチの一番大切な原理は 受け身です。伸ばすのではなく伸ばされる。力を抜いて伸ばされる心地よさを味わって、体に感謝して、ゆったりとストレッチングをしてください。どんなに体の硬い方でも少しずつ柔らかくなってゆくでしょう。体のまだまだ硬〜い私が保証します。


 

1日5分のトレーニングでねこ背は治る! 』宝島社  昨年9月刊行

『硬い体が驚くほどやわらかくなるストレッチ』日東書院 1月刊行

15! ねこ背を治せば10歳若返る 』祥伝社刊  28日発売 

           

              いいだ整骨院・鍼灸院   
              いいだカイロプラクティック院長

              飯田市北方1270-4 0265-25-1008

              ホームページはこちら 

 

南信州新聞に「からだの硬〜い私がストレッチの本を書いた訳」が載りました。

JUGEMテーマ:健康

2月11日付けです。

体の硬〜い人には硬〜い人用のストレッチが必要です。

柔らかい方が考えたストレッチでは硬い方には効果が出にくいのです。



その理由がトリックモーション(代償動作)です。


ストレッチしたい部分に伸ばす力が働くようにするには

トリックモーションを起こさない姿勢を取る必要があります。


そのストレッチ法がATM(Anti Trick Motion)ストレッチングなのです。

 

内またになれない人の 体の硬い人の柔軟法(ATM柔軟法) 

JUGEMテーマ:健康

1.内またで椅子に座ります。

両膝が開かないように手で閉じるように力を加えておき、

腰を曲げないようにして体を前に倒します。

股関節にストレッチ感が出ればOKです。


2.足を開いた状態で座って、

体を前に倒しておいてから

両膝を閉じるように手で押す方法も試して下さい。




 


サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode