膝の痛みに電動座椅子を





特定高齢者の介護予防トレーニングの指導に行った。


老婦人の足のむくみが強い。

指で押すと深く沈み込みへこみがいつまで経っても戻らない。


利尿剤は飲んでる。

お宅で家事はやられている。



良く事情を聞いてみると

膝が痛いためにコタツにあたるにも

椅子に座って足先だけを入れているようだ。

たたみに座らず、一日中椅子に腰掛けている。


むくむはずだ。



こんな方には

電動座椅子がいい。


座椅子が立ち上がりを補助してくれる。



しかし

要介護2以上でないと貸してもらえないか?


以前は要支援の方にも貸していたが。



この方は自立だから駄目。




膝の痛い方には治療よりも

このような膝の負担軽減の手段を講ずるほうが良いだろう。


何かそのような施策が出来ないのだろうか。






膝の痛みの改善、予防に膝伸ばしを




膝の痛みで来院される方は

膝が曲がらないと訴えるが

膝が完全に伸びないのに気づいていない。





膝を伸ばした状態では

膝の裏がベッドについて

かかとがベッドから離れる状態、


つまり

膝が少し反る状態が
(角度にして3〜5度反る)

正常である。





多くの方は

膝に痛みが出るはるか以前から

膝の伸びが悪い。



だから予防として

膝のきちんと伸びるかを確認し

常に膝が反るように


ストレッチング、柔軟をしておくと

膝痛の予防になる。

膝の痛み予防にスクワットは?



膝の痛みで来院された女性(50歳代)、

少し痛みが引いた時に

スクワットをやったという。



膝の痛みの予防には

大腿四頭筋の筋力強化が必要だが

関節に負担をかけない運動で無ければならない。


まして

痛みが軽くなり始めた時期のスクワットは絶対だめ。






膝の痛みの運動は

初期には

膝の曲げ伸ばしをしない運動にすべき。







膝を伸ばしたまま足を持ち上げる運動から

はじめるべき。

自転車訓練もだめ。



痛みの出ないのを確認しながら

だんだんと

膝の曲げ伸ばしの運動を

負荷を増やしながら行う。



スクワットは最終的な運動だ。

もも(大腿部)の筋肉の痛み・膝の痛みと          筋力低下

ひざの痛みを訴えられる70歳代女性。

1ヶ月ほど内科疾患で入院し

退院して1ヶ月未満。





もも、ふくらはぎの筋肉が硬く張っている。



筋肉は正常なら力を抜いたときはぷらぷらで柔らかい。

だからこのももや下腿の太さは筋肉の疲れだ。



この筋肉を緩めれば

ひざやももの痛みが軽くなる。





が、筋肉は弱く、筋力がないから

少し動いただけで筋肉は疲れ



長距離歩行後のふくらはぎと同じ状態になっている。





こんなときは筋力強化や

運動はせずに

なるべく安静を保つ。


筋肉の張りが強ければ

アイシング(冷却20分)を繰り返す。





入院で筋力が低下した。

退院して日常生活に戻ったとたん

家事などしなければならないことが山のようにある。




筋肉が悲鳴をあげる。






筋運動は漸増負荷が原則。


筋力を上げたいなら

筋肉を丈夫にしたいなら


だんだんと負荷量を増やしてゆくのが原則だ。


安静時の痛みがあれば


関節に水がたまるのは風邪で鼻水がでるのと同じ

膝の関節に水がたまるのはなぜという質問への答え。


風邪をひくと鼻水がじょろじょろ。

同じように

関節の炎症が起きると水が過剰に分泌される。



炎症が治まると

過剰な水は吸収されてしまう。




炎症を治せば水はひく。

炎症が早く治まるように

安静も必要。

膝の痛みで手術を勧められている方の相談の電話

ホームページを見た浜松の方からの相談の電話。


70歳の男性で半年前ほどから膝の痛みがひどく

手術を勧められているとのこと。


相当悩んでいるとみえて

こちらに治療に行ってみたいとも。




関節の変形や腫れの状態をなどをいろいろ聞いても

それほどひどい状態とは思えない。

手術する程ではないような気がする。







でもなぜ痛みがそれ程続いているのか判らない。


ふと気が付いて

「屈伸運動していませんか」と聞いてみた。

当たり。

歩行運動もしているという。

それが痛みが治らない原因だ。




痛いことをしないのが

直すコツ。




下記のホームページやブログを見ていただくことをお願いして、

膝に負担をかけないようにアドバイスさせていただいた。



「膝の痛みは歩けば治るか」

「からだの対話


私のブログ、カテゴリー「膝の痛み」

膝の痛みを治すのには膝だけを考えずに下肢全体を考える。

膝の痛や水がたまった時には

膝のみに治療を集中させないで

下肢全体を考えて治療すると治りやすい。



まず骨の変形が原因と言われても

失望する必要はない。


膝は骨だけで出来ているわけではないし

骨の変形だけで痛みが出るわけでもない。


変形と痛みの関係はこちらを。



筋肉を整え

血液循環を改善すると


炎症が治り

痛みはなくなってくる。

水は引いてくる。




それに

膝の関節だけを考えずに

下肢全体を考える。



ももの筋肉の強化を図る。
(弱いと関節に負担がかかる)

ももの内側の筋肉を伸ばす
(硬いとO脚になる)

アキレス腱伸ばしをする。
(ふくらはぎが硬いとひざが曲がる)

股関節を柔らかくする。
(伸びー伸展ーが悪いと膝が曲がる)

ふくらはぎのむくみを取る。
(むくんでいるだけで足は重い)
(循環が悪く炎症が治りにくい)

下肢全体の筋肉をほぐす。
(筋肉の硬さはと下肢の痛みの主因)
(血液循環が悪く炎症が治りにくい、痛みが取れにくい)


下肢全体を改善すると
膝も良くなる。





「膝の痛みは歩けば治るか」も見て!。

ストレッチングの方法はこちらを。

膝の腫れは                          関節内に水がたまっているだけではない

膝の腫れは水がたまるだけではない。

水がたまるのは関節の中の液が炎症によって増えたためだが

関節の外の腫れもある。




滑液包炎(かつえきほうえん)がある。

滑液包は骨と皮膚、腱と骨などが

こすれるのを防ぐショックアブソーバの役目がある。

正常だと水がほんの少し入っているが

炎症によって水がたまり、ふくらむ。



膝の裏がぽこんと膨らむ

ベーカー嚢腫(のうしゅ)が代表的だ






それと

関節と皮膚の間の軟部組織が腫れる場合がある。

浸潤性の腫れだ。

(スポンジの中に水が含まれるような腫れ方)

関節全体が大きく見え

骨の形がシャープに見えにくい。




だから膝が良くなってくると

膝は小さくなり

骨がシャープに見えるようになる。





骨のでこぼこがはっきりわかり、

皮膚のしわがたくさんあるのが

正常です。


膝の痛い人の内転筋ストレッチング             (壁尻ストレッチング)

膝の痛い方の多くはももの内側の筋肉が硬く

膝の伸びを制限している。

その柔軟法。





壁から尻を離す。膝を曲げて行います。

30秒ほどこのまま待ちます。

強くやらないこと。

2〜3回行います。

様子を見て時間を長くしたり、

回数を増やしたりします。


足、膝が軽くなりますよ。






座って開脚して行うと膝に力が加わり膝を痛めますので寝て行います。

腰も痛めることがありません。

脚の重みで自然とストレッチングできるのがみそです。




膝の痛みについてはこちらを

膝の痛みのブログはこちら

膝の痛みに屈伸運動はやってはいけない

膝の痛みのある70歳代女性。

1週間ほど治療しているがよくなってこない。


朝ベッドの中で40回ほど屈伸運動をしていた。

痛いの我慢して。

自分で膝を壊ってはダメ。




膝の筋力トレーニングは膝を伸ばしたままで足の上げ下げをする。

トレーニングの詳細はこちら。





日本医事新報 H9.8.2号の

変形性膝関節症の大腿四頭筋の筋力強化についての記事では

    (横浜市立大 腰野富久教授)


膝伸展位下肢挙上訓練を行うこと。

膝を動かして行う運動は炎症を増悪し、疼痛を増大させるため

筋力が低下するので禁忌。

つまり錘りをかけて膝の屈曲位から伸展させる訓練や

自転車訓練は禁忌としている。



くれぐれも間違った運動で膝を壊さないで。


サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode