O脚の改善は内転筋をほぐす

ももの内側の筋肉、内転筋が硬いと

膝が伸びにくくなり

見かけ上のO脚になる。

内転筋のストレッチングが改善のこつ。




内転筋の効果的なストレッチングの方法は

壁尻ストレッチング。


仰向きに寝て尻を壁に着けて

開脚をしてストレッチング。


硬い人は尻を壁から離してやるといい。

また、膝を軽く曲げてやってもいい。


2006.05.15 Monday
見かけ上のO脚、本当のO脚

も参考に。



見かけ上のO脚、本当のO脚

最近来院した20歳代初めの女性2人とも

膝の伸びが悪い。

この状態では立つとO脚になる。



若い方のO脚のほとんどは見かけ上のO脚。

見かけ上のO脚は骨が曲がっているわけではないので、

改善する。



膝の伸びが悪いのが大半の原因。

O脚の人は足を伸ばして座った状態で、

膝裏をベッドに密着できない。浮いている。

正常では膝裏がベッドについて踵が浮く状態。



膝を伸ばすには

アキレス腱伸ばし、ももの裏の筋(ハムストリング)伸ばし、

ももの内側の筋(内転筋)伸ばし、

と膝関節の靭帯を緩める運動=

膝関節の遊びを作るような運動をする。(膝のグライディング運動)

それに股関節のねじりを柔らかくする必要もある。

ストレッチングについてはこちらを



膝が伸びて

膝裏がベッドに着いた状態で

踵が2〜3センチ(柔らかい人は5センチほど)浮く状態になればOK。

半月板は傷んでいてもだいじょうぶ

膝関節のレントゲンで

半月板が傷んでいたり、擦り切れていると指摘される。


でも大丈夫。

歳を取れば誰でもそう。





それがイコール痛みではない。


骨の変形、ずれも痛みとイコールではない。

詳細についてはこちら。




半月板脱臼の原因

半月板脱臼が習慣性になっていると

大きな力ではなく簡単な原因で外れる。


例えば

階段を下りていて足をぶらんとした時や

布団にもぐりこもうとした時に。


力の入った屈伸運動では外れにくく

力が抜けてねじれると外れる。

2ヶ月も続いていた膝の腫れが1週間で消えた

40歳代の主婦来院

左膝関節の痛み、水がたっぷりたまっている。


病院で3回水を抜き、ヒアルロンサン注入。

2ヶ月経ったが水は引かず、安静時の痛みもある。

昨日は予約してあったのでMRIも撮った。

「MRIでじっとしている時に痛くて大変だった」と。



膝の水を抜くのは

症状を消すだけで根本的な治療になっていないと考える。


確かに水がたくさんたまって関節の中の圧力が高いと

じっとしていても痛い。

そんな時は応急手当てとして水を抜くのは仕方が無い。



関節の水は炎症の一症状だから

炎症を治すような治療を行うと引いてくる。


膝関節だけに治療を施すのではなく

下肢全体の筋緊張を緩め、

循環を改善するようにする。


関節が熱を持っていたらアイシングする。

関節の安静をはかるために固定をする。


ももの大腿四頭筋の運動を

膝関節に負担のかからない方法で行い

関節の水の吸収を促進する。

(運動はヒアルロンサンを体内で産生する効果もあるといわれる。)


生活も膝に負担のかからないよう指導する。



来院後1週間弱ほとんど水はなくなった。

安静時の痛み、歩行時の痛みは消えた。


まだ膝を完全には曲げれない。


「もう治らないのかも、手術しなければならないかもって思っていた」

と今日言われた。

そんな不安が吹き飛んだ喜びの笑顔が私もうれしい。



膝について運動やあれこれはこちら


膝の痛みの治し方はこちら

膝の痛みの治療の考え方                  骨だけを考えるな

膝の痛みでレントゲンを取り

骨の変形が原因と言われる。



それって本当?



骨の変形は痛みと同じ時期に起こった?

そうではない。

ずーーと前から。


痛みが無くなった時に骨の変形が治る?

そうではない。

変形は存在し続ける。



そうすると痛みの原因は骨の変形では無いことになる。







痛みは炎症の一症状である。

骨の変形は

炎症を起こす原因の因子(ファクター)の

ひとつに過ぎない。



確かに変形が少ないほうが痛みは出にくいだろう。


だが極端なO脚の変形を伴った方でも

痛みを訴えない方もいる。


膝に痛みは

骨だけを考えず

筋肉の緊張感、むくみの状態など

軟部組織(骨以外の組織)の状態の改善、循環の改善をはかることが大切。


また治療だけを考えるのではなく

足の負担を軽くする

使い方も考えなければならない。


膝の痛みの運動

膝が痛いときは屈伸運動をしてはいけません。

屈伸運動によって痛みをひどくする方が多くいます

注意して下さい。




安全な運動は膝を曲げない運動です。





膝の運動の代表的なものには

パテラセッティング訓練と下肢伸展挙上訓練があります。



パテラセッティング訓練は

パテラ(膝蓋骨=しつがいこつ=)を

大腿の前面の筋(大腿4頭筋=だいたいよんとうきん=)で

引っ張り上げる訓練です。

あおむけに寝て、膝をまっすぐに伸ばし、

膝の後を床に押し付けるように力を入れ

同時にふとももの筋肉に緊張を加えます。

力を入れたままゆっくり5つ数えます。

その後、力を抜くこれを10回繰り返します。



下肢伸展挙上訓練はあおむけに寝て膝を伸ばしたまま約10センチ程度

下肢を上げます。

上げたままゆっくり5つ数え降ろします。

これを10回繰り返します。



私がお勧めする運動は

図のようにももの下に枕をかって、

膝を伸ばす運動です。

ももは枕をつぶすつもりで下に、

膝はお皿を上に引き上げるつもりで、

足首は返します。

このより方のほうが大腿4頭筋に力が入り易く

効果もあると考えています。



痛みが出るようならやってはいけません。



膝の痛みに関してはこちらも参考に。

膝関節痛(変形性膝関節症)の              大腿周径、下腿周径評価

変形性膝関節症といわれ膝の関節痛を訴える患者さんは

大腿四頭筋の萎縮がある。


だから、この筋力が上がり、筋の肥大が起こるのを評価するのに

大腿周径を計測する。



(大腿周径の計測は膝関節上10センチとか

膝蓋骨上5センチとかあるようだ。)


(ちなみに下腿周径は膝関節10センチ、最大径とがあるようだ。)




筋力が上がると膝の安定性が向上し、

膝関節の負荷量が減少し、

痛みが軽減する。


つまり、大腿周径の評価では

大腿周径の増加と痛みの減少が相関があると考えられている

のではないか?





私の経験では

初診時、膝関節痛が強い時は

大腿周径は太く、

治療により痛みの減少に伴い

大腿周径も細くなってゆく。


なぜか


痛みによる大腿の筋の緊張によるものだろう。

筋緊張の緩解により

筋本来の萎縮した状況が現れ細くなる。


また下腿周径も同じく

減少する。

これも筋緊張の緩解があるが、

下腿に顕著なものは

浮腫の改善である。




大腿周径は短期的にみれば

痛みの減少に伴って細くなる。




筋緊張のための痛みも改善され、

循環の改善がおこり関節部の炎症症状が治癒すると

関節痛のは改善されると考えている。



膝関節の痛みに治療は

下肢全体の筋緊張をほどくのを主眼に考えるべきだろう。


あきらめの気持ちが膝の痛みを治りの悪いものにしている

40歳台の女性。

5年前に膝が痛み、左膝の関節が少し(10度ほど)曲がってしまった。

病院で膝を強く伸ばされ痛みが増強し、

こわくなって、それ以来膝の治療はしていなかった。

当院来院時には、ももは筋緊張で硬く、膝の関節は腫れ、

ふくらはぎはむくみ、歩行時の痛みも強かった。

関節はやはり曲がったままで〈15度ほど)伸びない。


1ヶ月ほどの治療で腫れや痛み、

ももの筋緊張やふくらはぎのむくみは大分軽くなった。

階段の上り下りも痛みが無くなってきている。


でも膝はまだ5度ほど曲がっている。

膝は正常では2〜5度ほど反る(過伸展)はずだから、

まだ動きが悪い。

関節を柔らかくしながら

伸ばす練習を痛みの無い程度にやるようにお願いしている。


なぜ5年間もほっといたのかを尋ねると

痛いことをされたので怖くてどこにもかかれなかったとのこと。

だったらほかの病院にかかればいいのだし、

そのことをちゃんと伝えればいいのに出来ない何かがあると感じ、

「そのあきらめの気持ちはどんなことをする時にも起こるのじゃないの」

と聞いた。

すると突然彼女の目から涙がこぼれ落ちた。


あきらめの感情で自分の思いを伝えられないから

仕事がきつくても、家事がきつくても訴えられない。

そうするとますます膝は悪化する。

からだへのあきらめもあるから、

からだ自身も治る意欲がなくなっているかも。


彼女にはちょびっとでいいからコミュニケーションの努力をお願いした。

「あきらめ」が病気を作るのがわかれば

彼女のいきかたの変化が現れるだろう。

それが膝を病んだ報酬になればうれしいと思っている。

膝の腫れのみかた

膝に水がたまったり、血がたまったりしたのを見つけるには

皺(しわ)が無くなると腫れている証拠。

良いほうの足と比べて大きく、皺が無いと腫れている。

判りやすく言えば、膝のえくぼと口を観察すると良い。



えくぼ、口が浅かったり、無くなると、腫れている。


サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode