不妊症学会で鍼灸治療の成果を発表



高度不妊治療に鍼灸治療を併用した成果が新聞に報道された。

南信州新聞(12/12付け)と

信濃毎日新聞(12/9付け)で報じられた。



信濃毎日新聞の記事の詳細はこちら。

不妊と鍼灸治療研究会




名古屋の明生鍼灸院長、鈴木裕明先生を講師に迎えて

午後1時半から5時までみっちり。


先生は日本鍼灸学会で発表が多数あり、

ART(高度不妊治療)でも成果の無かった方を

約30数%(百数十人)妊娠に導いた方だ。





治療期間は週2回3ヶ月を1クールとして

2〜3クールを目安としている。



鍼灸治療では

自律神経機能、子宮の血流改善を目標に行う。


手足の冷え、肩こり、月経の不調、胃腸症状、心理的に健康が気になる

などの改善が

不妊に改善と相関があると推察されると述べられた。


高森町駒場の子安神社

大鹿でのパラグライダーの帰り

高森町の駒場で「子安神社」を見つけた。

今まで何回も通っていたのに知らなかった。




奉納されていたのは

竹の輪。



底抜け柄杓は知っていたがこれは初めて。










   子安神社社殿

不妊治療の鍼灸(しんきゅう)治療の効果

「日本鍼灸新報」7月号に

文献(学会などに発表された)からみた鍼灸治療の効果が載っている。



お灸の効果では原発性で29%、続発性で82%が妊娠した例、


体外受精で不妊の5例が鍼灸治療で全員妊娠した例、



また、男性不妊248例に鍼灸治療を行い

166例が有効だったとの報告も載せられていた。



報告では

体調を整えることで

子宮内膜の状態が改善され

着床が安定すると考えられていて、



積極的に治療を試みるよう勧めている。




不妊症治療の詳細はこちらを。

不妊症研修会   椎名先生の御講演

不妊症プロジェクトで椎名先生のご講演をお願いした。

不妊の原因、

タイミング療法から人工授精までの経過や

各種の検査法などを詳細にお話された。





不妊の原因の

8割が視床下部、1割が下垂体、1割が卵巣

に係わりがあるとのお話は


ストレスが不妊に及ぼす影響の大きさを推測させる。




心身のバランスを取る鍼灸治療が

不妊に大きく貢献できるだろうと考える。


不妊症に鍼灸治療で貢献できるよう

決意を新たにした。







不妊症プロジェクトの詳細はこちら

不妊症プロジェクトをホームページにアップ

妊娠しやすくなるように鍼(はり)治療で体質改善を行う、


産婦人科医とのプロジェクトの詳細を

ホームページにアップしました。


いいだ整骨院・鍼灸院ホームページはこちら



日本鍼灸学会などでも妊娠率が上がるデータがあります。

お手伝いができれば幸いです。


不妊症の鍼(はり)治療のつぼ(2)

飯伊鍼灸師会と産婦人科医との不妊症プロジェクトの研修会で


K鍼灸院K先生の持ってこられた日本鍼灸学会誌に

中膠(ちゅうりょう)穴(けつ)の刺激が

子宮の血流改善に効果があるとの報告と


ART困難症に対して

中膠穴の刺激を併用して

妊娠率が向上した報告があった。





試してみる価値はありそうだ。




中膠のつぼの位置は

第3後仙骨孔のところで


50〜60仍鋲し、10分の刺激を行うとある。



この報告では徒手刺激だが

通電刺激でも良いと思われる。

不妊症の鍼(はり)治療のつぼ

飯伊鍼灸師会と産婦人科医との不妊症プロジェクトの

鍼(はり)治療を統一的に行うために

基本穴(きほんけつ)を定めている。






基本穴とは

治療に基準的に使うつぼのことで

これに、症状、体質の違いによって

別のつぼを加えて治療を行う。





基本穴を以下に定めた。


関元(かんげん)
中極(ちゅうきょく)
大赫(だいかく)
血海(けっかい)
三陰交(さんいんこう)
脾兪(ひゆ)
腎兪(じんゆ)
次兪(じりょう)
 



不妊症の鍼(はり)治療 第1回研修会

飯伊鍼灸師会と産婦人科医5名の先生方とのプロジェクトが進んでいる。



産婦人科の先生からご紹介を頂き

鍼灸治療を併用して

不妊症の治療に当たっている。



本日、第1回の研修会が市立病院で行われた。



参加は産婦人科医5名と鍼灸師7名。




西洋医学と東洋医学の協力で

良い結果が得られるように努力している。




不妊症プロジェクトの詳細はこちら

飯伊鍼灸師会不妊症治療プロジェクト 不妊症のはり灸治療の費用と期間、用意するもの





まず下記の「不妊症治療プロジェクト指定医療機関」をご受診ください。

その上で当院に紹介状を持参された方は、

初診は4,000円、2回目以降は3,000円で施術させていただきます。

週に1〜2回くらいの継続的な治療が必要になります。

体質改善には個人差はありますが平均半年から1年半くらいかかります。

主治医とご相談のうえ治療計画を立てましょう。




メールでのご相談もお気軽にどうぞ。





不妊症治療プロジェクト指定医療機関


指定医療機関名 住所 電話番号
平岩産婦人科医院 〒399−2431
飯田市川路4938 0265−27−2067

椎名レディースクリニック 〒395−0013
飯田市小伝馬町1−52 0265−22−0304

羽場医院 〒399−2561 
飯田市駄科536−3 0265−28−5151

飯田市立病院 〒395−8502 
飯田市八幡町438 0265−21−1255

下伊那赤十字病院 〒399−3303 
下伊那郡松川町元大島3159−1 0265−36−2255


サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode