A54[29-67-1] 左アキレス腱断裂(福島から) 歩行療法用固定で、すぐには歩行できなかった症例

JUGEMテーマ:スポーツ

 

平成29年7月12日 シャトルランをしていて負傷

         当日、ギプス固定

    

    7月29日 当院へ

         ギプス固定を除去

 

外したギプス 尖足位(バレリーナ肢位)が強い固定

IMG_20170729_193822.jpg

 

 

赤線が断裂部

アキレス腱及び足首周囲とふくらはぎにむくみが強い

IMG_20170729_194214.jpg

 

尖足位の強いギプス固定を2週半していたために

歩行用固定を施すのに

 

尖足位から歩行肢位(足関節底屈10度)にするのに

足首周囲、アキレス腱部の痛みがあり時間がかかった。

急に歩行肢位に戻すと、

むくみのせいでふくらはぎの筋肉が伸びないのでアキレス腱を引っ張ってしまい

せっかくついてきたアキレス腱を断裂してしまう恐れと

足首の関節の炎症を起こす危険があり

固定後の肢位が足関節底屈位15度ほどだったため杖なし歩行に移行できず

下の写真のような松葉杖使用の歩行で帰っていただいた。

1日又は2日で脚がつけるようになるのでその間我慢していただくことにした。

 

IMG_20170729_204005.jpg

 

20分ほど歩行しところ足がつけるようなったと電話があった。

 

 7月30日 昨晩はホテルに泊まったとのことで巻きなおしに来られた。

      足の角度を歩行しやすくして巻きなおした。

      軽快に歩行可能となった。

 今後4週間固定ご除去の予定。

 

一般的な保存療法は尖足位ギプス固定だが

足首の尖足位での拘縮、ふくらはぎのむくみ、足底の神経機能低下などを起こし治り悪い。

2週半でもこのような問題が起きるので、1か月、1か月半の固定は・・・

 

 

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら4週間の固定で早く治す治療の詳細は下記を


A53[29-66-1] 右アキレス腱断裂 海外で負傷して搭乗直前ドクターストップがかかった症例

JUGEMテーマ:スポーツ

 

29年7月21日 オーストリアでダンス中ジャンプして負傷 

         同日、病院へ。そこでは手術を薦められたが拒否しギプス固定

     24日 空港へ。そこでドクターストップ。病院に行きギプスに割りを入れる

     27日 便を変更し、ようやく帰国の途へ

     28日 帰国

     29日 来院

 

ギプス前側のセンターに割りが入っている。

弾力のあるギプスで、開くと足が抜けた。

割りを入れのにギプスカッターでなくハサミで行ったとのこと。

このような柔らかいギプスは初めて見た。

この方が体にいいし、外すのが楽でいい。

IMG_20170729_182345.jpg

 

ロフストランドクラッチで足を着かずに。

松葉杖より楽でいいと私は思っている。

IMG_20170729_183422.jpg

 

ギプス除去直後の状態

赤線が断裂部

右足首下の外側に皮下出血斑

足首周りはむくみが強い(皮下出血もあるので)

IMG_20170729_182756.jpg

 

歩行開始。4週間の固定を予定している。

IMG_20170729_192440.jpg

 

ドクターストップがかかったのは「エコノミー症候群(=肺梗塞)」を危惧してのことだ。

長時間、座ったままだとふくらはぎなどのがむくみ、静脈内に血の塊ができ、

動き始めた時に、その塊が肺に流れていき、肺に詰まって、最悪の場合い脂肪する恐れがある。

 

その上ギプスを巻いているとなおリスクが高くなる。

 

帰国前からLINEで連絡を取り合っていたのでギプスはやめるようにと連絡をしていたのだが

地元のドクターはギプス固定をしてしまった。

 

file:///C:/Users/user/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/GLAMDCFP/jja212012.pdf

下肢ギプスの肺梗塞発症リスクは白人で1%で、アジア人は4分の1程度だったが、日本人の発症がこの10年で倍になっているという。

 

そのため、空港のドクターは 肺梗塞のリスクが高いと判断したのだ。

 

ギプス除去直後の状態でもむくみが強い、

下肢挙上、踵荷重、足指のぎにを沢山行うようにお願いしていて、実際やっていただいていたのだが

ギプス固定がむくみを作ってしまう。

 

以前、歩行療法開始後約2週間でハワイにいき現地で足の痛みを訴えられた方があったが

それも軽いエコノミー症候群だったと思われる。

 

アキレス腱断裂はむくみの対策が一番大切。

 

 

 

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら4週間の固定で早く治す治療の詳細は下記を

 

 

 


A52[29-62]左アキレス腱断裂(神奈川から) (簡易固定で歩く様お願いした症例)

JUGEMテーマ:スポーツ

 

29年7月23日 バレーボールで負傷 同日、他院でシーネ固定 

     24日 電話で歩行療法のご相談あり

         歩行療法開始まで数日あったので、

          シーネをつけたままがに股踵荷重で歩行して頂く様お願いした。

     29日 当院へ 歩行療法開始

 

来院時の固定状態

 シーネを弾力包帯で固定してある。

 この弾力(弾性)包帯は曲者で軽く巻いてもむくみを作る。

 この例のようにシーネを止めるために使うときつく巻くのでむくみをより起こしやすい。

 この方もむくみがあり包帯の痕が足に着いていたが

 歩行して頂いので歩行療法にスムーズに移行できた。

 むくみが強いと歩行する角度に足首を持っていけないなど支障が出る。

 また、後々むくみがあると問題を起こすのでむくみの発生を防ぐのが大切。

IMG_20170729_173501.jpg

 

シーネ

IMG_20170727_132036.jpg

 

IMG_20170727_123821.jpg

 

IMG_20170727_123827.jpg

 

IMG_20170727_123815.jpg

患肢のむくみが強い

 

 

IMG_20170729_180855.jpg

固定後すぐに歩行が出来た。お手製の素敵なギプスシューズカバー。

 

アキレス腱断裂という不幸、アクシデントをどういうふうにとらえるかで人生が変わる。

この方のブログは必見です。そのブログはこちら


A51[29‐64‐1]左アキレス腱断裂(愛知県から来院)旅行中の負傷

JUGEMテーマ:スポーツ

 

29年7月24日 旅先でバスケットボール中に負傷

    25日 病院でシーネ固定し松葉杖歩行

    26日 当院に電話で相談あり、明日帰宅するので診て欲しいとのこと

       「固定を外し、テーピングで背屈制限しがに股で歩行してください」と指示

       足を着かない状態が長くつづいていると、それだけでむくみが悪化し、足裏の感覚がおかしくなる。

       まして飛行機に乗って帰ってくることを考えると、足のむくみはエコノミークラス症候群の危険がある。

       そのために、歩行していただく様にお願いした。

 

当ててあったシーネ

IMG_20170727_132036.jpg

 

赤線が断裂部

足内側に皮下出血斑

IMG_20170727_123827.jpg

 

 

外側にも少し出血斑

IMG_20170727_123821.jpg

 

固定を取ってもらっていたにもかかわらずアキレス腱近傍はむくみが強い

ふくらはぎ下部にむくみのための圧痛があった。

IMG_20170727_123815.jpg

 

それでも、歩行してもらっていたため固定後の歩行はスムーズにできた。

 

 

歩行用固定を施した。

4週間の固定を予定している。

 

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら4週間の固定で治す治療の詳細は

 


A50[29-63-1]右アキレス腱断裂(神奈川から来院) ギプス固定を早くとって歩行療法に変更 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

29年7月22日 ランニングしていて負傷

       同日ギプス固定

    26日 当院受診 歩行療法開始

 

ギプス固定

IMG_20170726_143130.jpg

 

かっこいい松葉杖だが歩行した方が体も楽で早く治る

IMG_20170726_142747.jpg

 

赤線が断裂部

IMG_20170726_144817.jpg

 

外くるぶしの下にうっすらと皮下出血斑

IMG_20170726_143511.jpg

 

歩行用固定を施し歩行開始

初めはぎこちなかったが2〜3分でうまく歩行できるようになった。

 

尖足位のギプス固定を短期間でも行っていると

むくみが強くなり、足底の感覚も鈍るので

歩行療法への移行に難渋することがある。

 

今回は連絡いただいてからその旨をお伝えしてすぐに来院頂いた。

それでも歩き始めがぎこちなかった。

 

 

歩行療法は断裂から短時間に行えば歩行も問題なくでき、

回復も早い。

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら4週間の固定で治す治療の詳細は

 

 

 


産経新聞の連載漫画「ひなちゃんの日常」に土用灸のことが

JUGEMテーマ:健康

 

IMG_20170719_072910.jpg


[29‐19‐4] 左アキレス腱断裂 知人が歩行療法を行っていたのを知っていて歩行療法を選択

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

29年5月6日 バレーボール大会中に負傷。

 

同日 他の整骨院でアキレス腱断裂と言われ、整形外科での手術をすすめられるが、

簡易固定してもらって当院へ

 

5月23日固定巻きなおし 当院から近い方なので経過を診させていただいた。

(ほとんどの患者さんは遠方の方で治療は2回のみ)

6月6日 固定除去

 

7月9日 車に乗ろうとした時雨でぬかるんだところで健側の足が滑りその反動で患肢を着いて再断裂 

再固定したところアキレス腱部が痛いとのことで固定をはずしたところ

アキレス腱部ではなくふくらはぎ下部に触れると飛び上がるほど痛む。

これはその部分にむくみが強くあり、循環障害が強い症状。

その部分の圧迫を避けるためにドーナツ状の枕子を当て、

患部の圧迫を防ぎ固定した。

5〜6週間の固定を予定している。

 

左アキレス腱断裂[29‐19-1] 知人が歩行療法を行っていたのを知っていて歩行療法を選択

 

左アキレス腱断裂[29‐19-2] 知人が歩行療法を行っていたのを知っていて歩行療法を選択

 

左アキレス腱断裂[29‐19-3] 知人が歩行療法を行っていたのを知っていて歩行療法を選択

 

7月24日固定巻きなおし 再断裂から3週間 癒合順調 この状態なら5週間で固定除去できるだろう。

 

IMG_20170724_171438.jpg

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら4週間の固定で早く治す治療の詳細は下記を


A48[29‐61‐1]左アキレス腱断裂 (東京在住の方) 売られているギプスシューズは歩行療法に向かない

JUGEMテーマ:健康

 

 

前側にシーネを当てて固定してある

IMG_20170722_170748.jpg

 

 

固定後の状態

当院自作のギプスシューズを履いて歩行開始

IMG_20170722_180734.jpg

 

 

売られている医療用のギプスシューズは

  足底部が平らでなくカーブがついている

   (アキレス腱断裂には足底部が水平なものがよい)

  足首が90度の状態で固定された状態になってしまう

   (歩行療法では足先が少し下がった状態でなければならない)

  つま先部分が大きすぎる

   (歩行中につま先がつっかえて再断裂などトラブルの元

      特に歩行療法ではつま先を外向きにあるくので)

  シューズが大きくフィットしない

    (緩んだ状態で歩行し、つまずいたりして再断裂の危険あり)

  などなど、難点があり

    自作して患者さんに使っていただくようになった。

 

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら4週間の固定で早く治す治療の詳細は下記を

 

 


A29[29‐42‐2]左アキレス腱断裂(埼玉県から) 弾力(弾性・伸縮)包帯はむくみを作る

JUGEMテーマ:スポーツ

 

29年6月21日 剣道で踏み込もうとして負傷 同日、シーネ固定

22日 当院へ 歩行療法用固定を行い歩行開始

25日 ふくらはぎの痛みが出たためまき直し

 

初診時の詳細は下記を

A29[29‐42‐1]左アキレス腱断裂(埼玉県から) 弾力(弾性・伸縮)包帯はむくみを作る

 

7月22日固定除去 きれいに癒合している。

後2か月間は再断裂の危険があるので注意

 

IMG_20170722_181757.jpg

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら4週間の固定で早く治す治療の詳細は下記を


A49[29‐62‐1]左アキレス腱断裂(秋田から来院) 歩行しようとした時ふくらはぎ下部を痛がった症例

JUGEMテーマ:スポーツ

 

29年7月18日 バレーボール中に負傷

     19日 ギプス固定

     22日 来院

 

ギプス固定除去

IMG_20170722_184103.jpg

 

赤線が断裂部

IMG_20170722_184413.jpg

 

ギプスがきつかったためむくみが強く

断裂部上部(ふくらはぎ下部)に軽く触れるだけで激痛があるため、

ドーナッツパッドで固定が触れないように処置し固定を行った

IMG_20170722_191212.jpg

 

固定後、歩行開始。

痛みがなく歩行できた。

IMG_20170722_192636.jpg

 

 

ギプス固でよくある、

ふくらはぎの痛みはむくみが原因である。

固定が少しでもきついと(きつくなくても起こる)、

足を下げっぱなしいるのでむくみが強く硬いむくみになる。

こうなると

いくらむくみの改善の処置(足を上げる、足首を動かす、リンパマッサージをする)を行っても

むくみは引かない。

まして、アキレス腱断裂のため、足首は動かせないし、マッサージはできないので

改善は困難になる。

 

アキレス腱断裂を後遺症をなく、速やかに癒合させるには

むくみを作らないよう注意して治療をしなければならない。

 

歩行療法は、歩くので足底静脈を刺激して循環を改善し、

サンドウィッチ固定して、弾力あるベルクロで圧迫して

静脈の血速を上げる工夫をして

むくみの改善を計っている。

それで早く治る。

 

 

 

アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら4週間の固定で治す治療の詳細は

 



サイト内検索

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

リンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    原幸夫
  • 前沢奈緒子さんの葬儀
    Junko Lee
  • アキレス腱断裂保存歩行療法はなぜ治りが良いのか
    太田浩之
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    原幸夫
  • カラー輪ゴムダイエット 足のサイズダウン3
    初めまして、Kと申します
  • 女性のアキレス腱断裂保存歩行療法は内股に注意!!!
    細い脚の患者
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • 本日2例目の左アキレス腱断裂
    くら
  • アキレス腱断裂を手術しないで歩きながら治す 固定除去

recent trackback

profile

others

mobile

qrcode